あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
保存の会公式twitterに、林えいだいさんのお別れ会のニュースについてツイートがありました。
9月1日に亡くなっていたことを知りませんでした。

9月には、「戦場体験者と出会える茶話会」in福岡を開催しており、それにあたって福岡のイベントや戦争を伝える活動をされている方々のことを調べていました。
その中で、林えいだいさんのことも何度か話題に出ていました。当ブログでは、7月15日に、林えいだいさんの映画『抗い 記録作家 林えいだい』が東北で上映されることについて書いています。
そのとき、ネットを検索していて林さんが「執筆中」となっていた本はどうなったのでしょうか。振武寮の本は以前にも出ているようで、さらに掘り下げたものなのでしょうか。

全国キャラバンが始まって1年経つか経たないかの頃、朝日新聞夕刊の連載「ジャーナリズム列伝」で林さんのことを読んでいて、全国の体験者の方を探すのと関連して保存の会事務局メンバーと何度か話をしたことがあります。
戦争体験者の取材をしようと連絡を取ったら数日前に亡くなったばかりだった、というような記述があり、前からそうなのか、ということも話題になりました。
もはや、ご本人を含め、戦争の記録をしてこられた方々も鬼籍に入られるような時だということでもあり。

軽々しく同列のように言うわけにはいきませんが、戦争の記録を残してこられたという点では大先輩にあたる方に敬意を表しつつ、ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3037-05660e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック