あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「戦場体験者と出会える茶話会」in福岡では、「引揚げ港・博多を考える集い」の方々がずっと参加して受付などにも入ってくださっていました。
この方々が出された本『博多港引揚』が、受付のそばで販売されました。作った方々による手売りです。イベント主催である保存の会としては特に売り上げから一部もらうということもないわけですが、マージンをもらうよりもいろいろとお世話になりました。

さて、『博多港引揚』、地元の出版社「のぶ工房」から出された、ものすごく立派な大型本です。(ちなみに、のぶ工房の方も、イベントの間ちょくちょく顔を出されていました。)
あまり広く一般販売されているわけではないようですが、一応、amazonにも出ていました。
amazon『博多港引揚A』

Aとあるように、Bもあります。
実は、かなり最近でたばかりで、2017年9月1日出版となっています。
amazon『あれから七十年』(博多港引揚B)

構成はAB共通ですが、Aのほうは戦前の写真がふんだんに掲載されており、Bのほうは昨年11月に行われた体験を語る催しの記録が掲載されているという違いがあるそうです。

いずれも2376円。このお値段でこれだけしっかりした大型本が手に入るというのはすごいことです。

地元で行政にも働きかけながらがんばっていらっしゃる皆さんの活動の成果をぜひご覧いただきたいと思います。

のぶ工房HP
http://nobukoubou.jugem.jp/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2970-c6d274b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック