FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
東東北チーム第1班が8月17日(火)午後に伺った証言の概要です。

◆◆◆

◎高橋久一さん

1921(大正10)年12月10日生まれ
 郵便局勤務

○1943(昭和18)年1月 現役
 横須賀海兵団入団。
 陸軍は大変と聞いていたので徴兵検査の時海軍を希望した。
 
○同年4月5日 土浦航空隊
 食事の準備を担当。
 このままでは身体が持たないと思い、抜け出すために受験を考えた。

○海軍経理学校入学
 1回の受験で合格出来た。同期は30名ぐらい。
 午前中は授業、軍艦の構成、被服の用意など。
 給料の計算の仕方のソロバン実習などもあったが、郵便局勤務だったので苦手ではなかった。

 軍艦勤務を希望したが「長男だろう、軍艦は駄目だ」と言われた。
 軍艦勤務となったものは殆ど帰っておらず、今思えば感謝している。
 約1年間で卒業、普通科衣糧術。

○1944(昭和19)年5月 郡山航空隊に。 
・同年11月1日 上等主計兵に 班長となる。

○1945(昭和20)4月 郡山空襲
・同年5月 主計兵長に 10数人の部下を持つ。
 2~3百人の被服の管理。
 特に軍靴と靴下はすぐなくなるので苦労した。 

○同年8月15日 敗戦
 米軍が進駐してくるので郡山市内の旅館に移動。
 旅館の窓から米軍が入ってくるのを見る。
 われわれの力ではどうにもならない。
 米軍への物資の引き渡し。
 
10月3日 復員
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/297-c8ca19e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック