FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
福岡のイベントを検索していたら、3年前のイベントがヒットしました。
新宿の平和祈念展示資料館が、2014年9月下旬に「特別交流展「引揚港・博多」」をやったというものです。
そういえば、それより以前には、沖縄で平和祈念展示資料館の出張展が行われたこともあったと思います。
各地の都市と連携しての展示というのが、省庁と関連のあるレベルの公的施設では、わりと頻繁に行われているものなのですね。

昨年は、しょうけい館の郡山出張展が行われていたのを当ブログでも書いていました。
昨年の表郷戦争回顧展と日程が近かったので意識したのだったと思います。
そして、それからしばらくして郡山市とサダコ鶴のことを書いたのですが、1年経ったら、それを実際見に行くことになったのでした。
書くと、何かの折に実際それに接するきっかけが訪れるものなのかと思うところです。

3年前の、福岡での特別交流展については書いていなかったなあと思ったら、2014年は、保存の会は仙台と長野で百人展をやっていて、9月ごろというのはその間の時期でいろいろとてんやわんやだったのでした。
そのとき自分たちの活動圏内に入っている地域の情報ばかりを集中して集めるという傾向があるのは致し方ないことで。(人員的な問題が常につきまとっておりますので)
でも、今年から比べれば、8月に仙台、11月に長野で展示というのは、ずいぶん余裕あったんだなあと思えてしまいます。今年はその間毎月茶話会&戦場体験キャラバン展開催ですからね。

こうしてみると、常に3年の間には急展開があるのが常の保存の会であればこそ、今のうちに視野を広く持っておくべきなのか?という気がしてきたりもいたします。
さすがに、今年よりてんこ盛りな事態というのは想像すると恐ろしいのですが、ないとはいえないですし。(うわぁ)

とまあ、その3年前の「特別交流展「引揚港・博多」、今回の「戦場体験者と出会える茶話会」in福岡の会場であるふくふくプラザの常設展「資料展「引揚港・博多」~苦難と平和への願い~」との交流企画だったために、特別気になったという状況なのです。

ちなみに、今年10月、平和記念展示資料館の出張展示が山口県下関市で行われるようです。
3年たって、そちらのイベントも福岡とはだいぶ近いところに、再びやってきたのですね。
やっぱり、3年後辺りを見越すことは必要なのでありましょうか。

無理だろうとわかっていながらつぶやかずにはいられなかったのでありました。そう考えたということを、意識のどこかにはとどめておきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2953-dec6f97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック