FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
昨日の日野原重明先生の訃報は、やはり衝撃でした。
100歳を迎えられたころ、110歳までは生きて、日本が本当に平和になるのを見届ける、と語っていらっしゃるのを読んだことがありました。
達成していただきたかったのですが。

日野原先生が始められた新老人の会、熊本支部は、平和活動にとても熱心で、保存の会も熊本大分のキャラバンのときにはお世話になっています。
東京くんだりから何かやりにいく必要などない勢いの活発さで、保存の会としても熊本・大分は遠くから応援していようというかんじでいたところがあります。昨日の記事を書きながら、そういうことを思い出していました。
災害続きのところに、私が感じたどころではない衝撃だったのではないかと思います。
今後も、こちらの皆様がたの活動を尊敬し、応援していきます。遠くから。・・・ですが、近くに行く機会もあるわけですので、何かあれば声をかけていただければ、というところです。

戦後72年。
ハレー彗星と、戦争の苦難を忘れる時間とを重ねた表現もあるようですが、確かに、正念場を迎えているのがさらに実感として迫ってきました。
実は、おととい、会議の後残ったメンバーで、仙台での「百人展」の頃は元気だった方々を思い出しつつ、「誰が長生きするのかわからないものだ」という話をしたところでした。

日野原先生のご冥福を祈りつつ、先生が見ることのできなかったあと5年後に向けて、あの大戦の記憶・記録を残すということに関して何か誓いを立てなければならない気持ちになっています。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2911-d639ae0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック