FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「沖縄の戦争展」、盛況のうちに幕となったのは本当によかったのですが。
いろいろと、やろうと思っていてできなかったこともありました。主に、メインの証言パネルを作るのに苦戦したためです。
一度全部聞き取りのテープを起こしてからまとめるのですが、文字数の壁にぶち当たるメンバーはいるわけで。
・・・私の場合は、テープ起こしの部分が最難関なのですが。

ただでさえ文字の羅列に圧倒される証言パネル、これ以上文字を小さくはできませんが、ものによっては行間を詰めてなんとかしているものもあります。
展示作業をしながら思ったのですが、3枚以上並ぶとその文字文字ぶりに、「こりゃいかん」という気分になりました。
証言自体はとても貴重だし、読めば感じ入るものなのですが、それ以前に近づくのがはばかられる勢いになるのです。
それで、関係するといえそうな写真や絵を間に入れてバランスを取るよう試みてあの形になったのです。
まあ、ときには、写真と証言と本を並べてみて、「すごくいい」などと自画自賛する場面もありましたが、自己満足ですね。ほんのり、展示作業をする人間の特権が含まれているような気もします。

それはさておき。
本来は、もう少し、沖縄戦の民間被害のこと、PTSDのこと、南洋のこと、移民のことなど、基礎情報のパネルも作ろうとしていました。
時間切れになったのはもちろんですが、探してみたけれども求めるデータが存在しなさそう、話を聞くべき専門家と日程が合わない、など、越えられなかった山もいろいろとあったのです。
一方で、すでに証言パネルで文字が多いこの状況で、説明用のパネルを増やしたとして、視覚的に圧倒されないだろうかというのも気になるところでした。
何かしら「定義」のようなものを示すのがよいのかどうか、という葛藤もあり。

体験者の方がいらっしゃる今は、できるだけご本人の口から語っていただいて、耳から、肌からも感じ取ってもらえるように、というのが願いです。
話を聞くための知識は、ここをきっかけにそれぞれにつけていく、というのがいいのかな、とも思います。

ともかく、数日のイベントでやれることは限られているので、毎日年がら年中やっているこのブログのようなところで、日々のアプローチを試みていくというのが当面の対処法かなと思ってみるところです。
ああ、また自分の首を絞めるようなことを言ってしまった・・・
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2892-604309bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック