FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「憲法ミュージカル」、最終公演を見に行ったのですが、その最中に、ものすごい疲労を感じました。
日々の仕事やらと今やっている作業と、自分としてエネルギーをものすごく使って神経すり減らすタイプのものが重なっているせいもあると思いますが、「しばらく遠ざかりたい」という気持ちがよぎって焦りました。

ミュージカル自体は、参加者が多いのもあって、壮観でした。
沖縄戦のシーンは、集団自決の部分がだいぶ占めていた気がします。
その先に、新基地建設の問題がつながってきている構図が見えるもので。
沖縄の人たちが、どれだけ声をあげても行動しても届かないのをキジムナーも見ていて、基地建設に伴う自然の破壊とともに自分たちも危険にさらされている、というのが伝わってきましたが。

そういう中で、初めて沖縄キャラバンに行ったとき、運転してくださった大嶺先生が、しょっちゅう県民集会をしないといけないから大変だと話しておられたのを思い出しました。
国会議事堂の周りでも、仕事をどうにか調整して座り込んでいる人たちがいて、けっこうな頻度で集会がありますが。
資金的にも時間的にも圧迫されるけれど、やらないわけにはいかないという状況があって、日常の中に「集会」があることが普通になっている事態をリアルに思い浮かべて、それがきっかけで、最初の疲労感を自覚したのでした。

昨年、「松村幸子さんの戦争展」に平日ちょっと顔を出していて、「戦争展のある日常」というのを感じていたときは、状況が許すならこういうのもありだなあと思って、そんなことをブログでも書いたのですが。
差し迫った現実を相手に、繰り返し声を上げ、無視されるというのは、まったく違うしんどさがあるのだろうなと思います。

保存の会の活動は、平和というものにつながるものであるとしても、そういう「集会」とはだいぶ趣が異なっていて、関心のある意外な人たちと出会える場ともなっているし、自分たち自身も体験者の方々のお話が聴けるのが楽しみなところも大きく。
無茶なイベントを繰り返すのも、大変といっても、充実感があるものであったりもして。
けれども、そういう活動がどれほどの人に届いているのだろうか、伝わっているのだろうか、というのがよくわからない、というのは、日々実感するところで。
その辺のもやもやが、ミュージカルを見ている最中に、自分の中で、ふとシンクロしてしまったようです。
どうであっても、発信を続けていくということには、変わりないのですけれども。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2857-61816831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック