FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
8、でいいんだっけ?と、本気で何回目かわからなくなってきました。
ブログ何周年というのより1回多くなるのですよね。

本日、祖父の命日です。
2008年だったので、来年は10年になるのだなあとしみじみ。
祖父より数年遅く生まれた方が、100歳に届く前に亡くなった話を聞くにつけ、亡くなったことが悲しいのと同時に、どうしてもそういうものなのかと思うところです。あと、「残念」と思うのも確かです。

過去7回、毎年毎年この機会にいろいろなことを考えるわけですが。
今年は、昨日とおとといのことに関連した辺りを考えてみましょうか。

おととい、昨日と、潜水艦と、撃沈された船の話をしました。
それから、日付を見て、今日が祖父の命日だと思い出したのですが、そうなると、これまでの蓄積で、この日が海軍記念日だったことを思い出しました。
となると、潜水艦の調査も、もしかしてある程度海軍記念日を意識してやっていたりしたのだろうか?と考えたのですが、どうなのでしょう?もしくは、ニュースの方で、少し海軍記念日だった日の要素が入っていたのでしょうか?いや、まったく関係ないよということでしたら、いらぬ勘ぐりですね。

ブログをやっている間に、祖父の軍歴を取り寄せたことがありました。過去の記事をあさると、2011年の秋のことです。
祖父は満州に配属されていて、所属は、独立守備歩兵第22大隊と書かれていました。
これについては、保存の会関係の詳しい人に聞いてみたところ、「何か間違ってない?」みたいなことを言われました。独立守備歩兵大隊は22までないのでは?と。
それで、ネットで調べてみたところ、当時(2011年末~2012年初頭ごろ)そのキーワードでひっかかってきたのは、撃沈された輸送船に載っていた部隊というものだけでした。他は完全に一致する情報なし。
部隊は大戦後半、満州から台湾に移ったようなので、輸送船に載ったことはあるのかもしれませんが。部隊の全て、ではなかったということなのでしょうか。
この検索結果には、今は到達できないので、確認できませんが、本当に、沈没したということだけの3行ぐらいの文だった気がします。それも、特にその部隊について書いてあるものではなかっただろうと思います。

今調べると、戦友会データベースというのにたどり着きました。今度はこれ以外、完全一致するものが見当たりません・・・
戦友会は、松山市にある「独立守備歩兵第22大隊会」。部隊情報としては、「独立守備歩兵第22大隊(満洲428) 満州-セレベス・サンギヘ島」となっています。
隣には、独立守備歩兵第39大隊の戦友会も出ていたので、独立守備歩兵部隊は22よりたくさんあっただろうというのもわかりました。こちらは、大阪府にある「山口部隊ネグロス会」となっています。
満州から南方に移る途中で台湾を経ていて、そこで台湾に残る隊もあって、祖父の原隊もそのグループだったということになるのでしょうか?
そして、南方に向かった隊の一部は輸送船の撃沈に遭い、無事に着いたグループはセレベス・ザンギヘ島等で戦闘についた?
どうも、独立守備隊というのは、師団とその直下にある連隊のようにはよくわからないもののようで・・・
また落ち着いたら調べてみようと思います。といいつつ、来年の今日までにそんな日があるんだろうか?

部隊名で検索していると「22大隊」の辺りで、沖縄の部隊がやたらと引っかかってきます。24師団の22連隊や、62師団の歩兵第64旅団独立歩兵第22大隊があるためでしょうが、こういう検索結果は、以前調べたときから相変わらずだなあと思いました。
時期的にも、72年前は沖縄戦の最中。32軍が首里を捨てた日だということも、これまで書いたことがあります。
祖父の命日と沖縄戦とは、直接関係はないのに、どうしてもつながってきてしまうもののようです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2853-9dc330ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック