あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
選挙に翻弄される昨今の6月23日沖縄慰霊の日の話をしたところですが。

70年前を振り返ると、この日は新憲法下での第1回目の国会の開会式の日でした。1947年6月23日。
昭和天皇の開会の勅語は、初めて、「朕」ではなく、「わたくし」という一人称で述べられたということです。

ちなみに、この第1回国会(特別会)は、1947年5月20日、70年前の明日召集です。(同年12月9日閉会)
この第1回国会の召集とともに、第1次吉田茂内閣は総辞職。5月24日に片山哲内閣が成立します。6月1日に組閣完了しますが、召集から開会式までけっこう時間がかかっている印象です。
そして、基本的に通常国会が1月中に召集されることを考えると、次の国会が開かれるけっこうぎりぎりまでこの特別会が続いたことになります。
通常国会は1月中に召集され、会期が150日。近年、延長がかかることがほとんどになっています。なので、6月23日ごろというのは、国会の終盤の余波があるものだったりします。

今年選挙がかぶったのは都議会議員選挙で、国政ではありませんが。
まあ、毎年この時期のイベントはいろいろと政治のあおりを食うものなのです。
沖縄戦の組織的戦闘終結がこの時期になったのは、本土決戦までの時間稼ぎをめいっぱいやった結果ですが、戦後こういう時期になるというのは、戦闘中はとても考えつかなかったでしょうね。

6月23日、今年は保存の会は「沖縄の戦争展」初日です。
そのころは、もちろんイベントのことを書かねばならないので、今のうちに「大戦とその前後」1947年6月23日周辺をやってみました。
ちなみに、ここでよく参考にしているサイト、国立国会図書館の電子展示会「日本国憲法の誕生」の年表の最後が、この1947年6月23日第1回国会開会式です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2845-ee9193b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック