あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
6月23日(金)、沖縄慰霊の日から「沖縄の戦争展」開催です。
しかし、その日は、東京都議会選挙の告示日にあたります。
実際は、保存の会のメンバーがそれに気づいたのは5月4日のことでした。
私が衆議院の特別参観に行って帰ってきたら、気づいたメンバーがメールを送ってきていました。

そういえば、昨年は6月22日が参議院選挙の公示日でした。
沖縄慰霊の日と国政選挙の公示日がかぶるかも、という話になって、しばらく騒がしかったのを覚えています。
沖縄としては、なんたること!ということになるわけですが。
イベントをやる者としては、初日や直前時期に選挙関連の動きがあると、広報の面で大変不利になります。
2014年11月21日、百人展in長野の初日は、突然の衆議院解散があって、見事にそのあおりを食いました。

今回は全国対象の選挙ではありませんが、沖縄の戦争展開催地は直撃されることになります。
初日から2日目にかけて、東京のメディアではあまり取り上げてもらえなさそうな気配です。
まあ、そういう逆境の中でもけっこう評判よいのが保存の会のイベントであるわけなのですが。

ということで、ここはむしろ、逆に覚えていただくことにしましょう。
みなさん、今年の6月23日、都議選の告示のニュースを見たら、「沖縄の戦争展」を思い出してください。

これ、ある意味「政治を利用している」ことになるんでしょうか。(まあしかし、今回の選挙で候補者を選ぶヒントにはならないんではないかと。)
今回、「沖縄戦展」改め「沖縄の戦争展」というだけあって、ある1つの県の人々が経験した戦争を扱う戦争展となります。
むろん、戦争は1つの都道府県の裁量など及ばないところからやってくるのですが、戦争によってある1つの県がどういうことになったのか、ということは見ておくに限ると思います。

6月23日、都内で第一声を聞いたら、浅草公会堂へ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2844-79ac464d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック