あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
今年6月開催のハイブリッド沖縄戦、保存の会公式のタイトルが昨日の会議で出てきました。

「沖縄の戦争展」です。

3月の沖縄キャラバン2017で、沖縄戦のみならず、南洋戦の体験も多く伺っています。
もとより、聞き取りをアレンジしてくださった沖縄・民間戦争被害者の会が、沖縄戦と南洋戦の2つの裁判の母体になっています。
そのため、「沖縄戦」の展示ではなく、「沖縄の人が体験した戦争」の展示という意味の名称にすることになったのです。

戦前から戦中にかけて、新しく日本の統治下になった地域への日本人移民が盛んでしたが、沖縄からの移民は特に多かったようです。
南洋諸島での戦争犠牲者の数十パーセントは沖縄出身者だったという話もあります。
そういった背景をふまえて、今回の展示・茶話会を企画するのです。

沖縄戦の過酷さはもちろんですが、沖縄の人たちが体験した戦争の全体像に一歩迫ってみる、というのが今回のテーマとなります。
証言としては、沖縄から外地に赴いた将兵や、南洋以外への移民についてまでは今回は踏み込めないので、「一歩」というところですが、より視野を広げてあの大戦を見るきっかけともなると思います。
特に、一般人が体験する戦争、日常の中に戦争がやってくるということ、戦闘が終わっても戦争の影響は生涯ついてまわるということが感じられる内容になるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2813-ecffd439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック