FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
順番がだいぶ前後していますが、沖縄キャラバン2017が始まった日に保存の会メーリングリストに流れたスタート宣言メールを転載します。
沖縄キャラバン2017についての解説、ともいえるもので、証言一覧ページでもこれがあったほうがいいだろうと思いますので。
本格的な証言概要は、パネル作成に向けてゴールデンウイークに入るころから飛び交うようになると思います。
今のところは、旅の期間中にメーリングリストにリアルタイムレポートで上がっていたものを、遅ればせながら転載します。

3月23日(木)夜に流れたメールです。

◆◆◆

皆様へ

本日から沖縄キャラバンが始まっています。
私は明日の夜の沖縄入りですが、今日から2名が聞き取りに当たってくれており
23日から~28日までで7名のメンバーが五月雨式に参加、
20数名の皆さんのお話を聞かせていただくことになっています。

今回のキャラバンですが、「沖縄・民間戦争被害者の会」の全面的なご協力のもと
会員の皆様たちのお話を聞く予定です。
この会は沖縄戦、南洋戦(移民が戦争に巻き込まれたサイパン、パラオなど)の
民間人の被害者の方々が、救済を求める国賠訴訟と、
民間人を対象とする恒久的な援護法制定を目指し活動しています。

沖縄戦については空襲とは違い、軍人軍属だけではなく、
ひめゆりのような学徒隊や鉄血勤皇隊、防衛隊、さらには集団自決や壕の追い出し
の被害者などが「準軍属」として補償の対象になっているのですが、
3人以上の現認が必要など厳しい条件があり(←周りが皆亡くなっていると証明できない)
民間人を補償される人とされない人に2分する結果になっています。

その結果としてなのでしょうが、今回の聞き取りでは今までなかなか接点を持てなかった

戦争孤児の方、後遺障害を負った方などが多くいらっしゃいます。
また沖縄から移民の多かった、サイパンやパラオの体験者・孤児の方のお話も
伺っていくことができそうです。
またご報告していきます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2807-ecda5670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック