FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
なんだか昨年やったような気がしていましたが、ちゃんとやってはいなかった大戦とその前後、75年前のことをいってみます。

1942年1月31日、マレー半島を南下してきた日本軍が、シンガポールの対岸、ジョホールバルに到達しました。
前の月、12月8日にコタバルに上陸してから2ヶ月かけず、55日でマレー半島を攻略したのでした。
マレー上陸後すぐにぶつかったタイ・マレー国境付近のジットラ・ラインでは、待ち受ける約6000人の英国軍と90台の戦車をはじめとする砲で固めた陣地を600名ほどの部隊が突進し、2日で突破。
英軍は本来はここで2~3か月日本軍を足止めするはずだったのが、増援を待つ余裕もなく退却。ただ、シンガポールでの決戦に賭けていたため、退却も作戦のうちではあったようです。
途中、クアラルンプールやスリムの周辺では、兵力の半分を失いながら強硬に反撃してきたため、凄惨な戦いとなったということです。

一方、海軍のほうも、航空部隊による攻撃を行い、英国東洋艦隊の中枢である戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋艦レバルスを撃沈。
シンガポール作戦の英国側の戦力を大きく削ることに成功していました。
仲が悪いといわれる陸海軍ですが、このときはうまくお互いを援護し合う形になりました。

この辺は、太平洋戦争初期の快進撃を象徴する戦いです。
開戦から半年を迎える直前には、ミッドウェー海戦で一気に戦況が変わることになり、快進撃を支えた部隊も辛酸をなめることになるのですが、それまでの間は勝ち戦の感覚を直接感じられていただろうと思います。

このころを語れる方は、ほぼ90代後半以上ということになり、出会う機会は本当に少なくなっていますが、できる限り、このときの気持ちなどを伺っておきたいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2733-9245415c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック