FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
8月23日(月)午後、北海道チームが札幌市で行った収録会で伺った証言の概要です。
この取材には新聞社も同席。写真入りで新聞に掲載されたそうです。

◆◆◆

◎三澤 正道さん
1925(大正14)年11月23日生
1944(昭和19)年8月15日志願 
航空 整備
特別幹部候補生

○1944(昭和19)年から毎日B29が日本にきていたので、満州が一番安全だと思ったので希望した。
○1945(昭和20)年1月赴任 半年くらい飛行機エンジンの教育、整備。
陸軍仕官学校の生徒が、卒業間際の飛行訓練できた。
同じ年齢くらいで、本土の件を話をすると、日本本土がやられていること、沖縄もやられていることを知った。
日本のニュースは正確ではないので、ラジオ、新聞は見なかった。
人の情報が頼りだった。
ソ連とは戦争をしないだろうと思っていた。

1945(昭和20)年
8月9日 非常召集がかかった。
8月11日 移動開始 奉天に本隊。雨が多くて列車がスムーズに動かない
8月14日 明日重要な報告があると情報あり。
8月15日 上官が聞いた玉音放送を伝えきく。それから一週間ハルピン駅で寝泊り。

8月23日武装解除。鉄道に乗せられて途中で事故で止まる。
横道河子横断。ハイリンで40日間捕虜生活。食べるものには困らなかった。
ただ、時計、万年筆は全て取られる。
「スコーラ、ダモイ」もう少しで帰すを信じる。
10月になってから移動命令ハバロスクから280キロ離れたところへ。
丸太作りの流刑地。飢えと寒さと重労働。
当初、上官が兵士をリンチしていたが、2年ほどたつとその上官がリンチに合う。

冬 伐採、夏 鉄道工事。ノルマは無理な感じではなかった。ノルマ未達成でもロシア兵に怒られるくらいだった。満州から運んだ大豆、粟、ひえをおかゆにして食べる。黒パンは1㎝くらい。一年するとよくなったが、初年度は取りあいがあった。
1946(昭和21)年 つるし上げが始まった。威張っている上官、いじめていた上官が対象だった。
殺すこともあった。
やがて、つるし上げが終わると、選挙でリーダーを決めようということになった。
1949(昭和24)年8月ハバロスクへ。共産党の民主教育を受ける。
タス通信(現地の朝日新聞みたいなもの)を読んだりしていた。9月に舞鶴に帰国。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/267-c3545965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック