FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
中之島証言集会からまだ1週間たたないことが不思議な今週。一方ではまだ余韻にひたっているメンバーもいるのかもしれませんが。
今のところ反省会の連絡が来ていないので、反省するのは日比谷証言集会1年後ぐらいになるのでしょうか。
反省会を過ぎないと、諸々決まらないものでありますが。

第1部、第2部とその準備を経て、それぞれの頭の中には次の展望が浮かんでいるようです。
第1部からの展開は、これまで通り聞き取り重視しながら、12月の展示会につながるテーマが出て来そうです。
第2部シンポジウムのほうが、より大きな変化をもたらすものとなりそうなのは、昨年同様というのか、昨年の続きというのか。
質疑応答ができなかったこともあり、パネリストの方々には、アンケート他書面(とにかく文字になっているもの)での質問等を受けていただくということが、会場で提案されました。
来場者の方から後日質問が届いたら、パネリストの方に届けるということになっています。
参加できなかった方々は、当日の模様が公開されるまでお待ちください。
昨年は、『戦場体験史料館つうしん』に日比谷証言集会第2部シンポジウムの模様をけっこう詳しく掲載しました。今回もそれは行う方向です。
動画または音声については、手が回り次第というかんじです。
今回は、パネリストの方々も、ご自身の活動を広く知ってもらいたいという思いをお持ちのみなさんでしたので、できる限り広めたいと思っているところです。

そして、今後、シンポジウムのような企画(ここまで大規模でなくても証言集会とセットもあり)をどうやっていくかということについても、何やらビジョンが出てきているようです。
来年度(もっと早いこともあり得るのか?)は、老若による多彩な展開がみられるのではないかと思います。・・・・・・いや、すんごい大変なんですけどね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2583-bbd0b73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック