FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
中之島証言集会1週間前。
東京では日比谷公会堂での証言集会を4回成功させていますが、関西圏の方々にはあまり馴染みがないと思いますので、保存の会のこれまでの関西地区での活動を紹介します。

◆2004年12月~2009年
保存の会設立から、第3回あの戦場体験を語り継ぐ老若の集い(日比谷証言集会)のころまでです。
元兵士から元兵士への呼びかけが行われたところ、体験を語りたいという元兵士の方々からの連絡が全国から届きました。
ボランティアとしての協力者も、北海道、大阪、長崎等にできて、聞き取りを行っていました。
大阪には特に熱心に聞き取りを行っていた若い人たちがいました。聞き取りのための勉強会も開いたと聞いています。
ご本人たちの仕事が忙しくなった等の事情で、現在は現地の「支部」のような関わり方のメンバーはいません。
「第3回あの戦場体験を語り継ぐ老若の集い」の若手の部に、関西在住のいしとびたまさんにご登壇いただきました。ドキュメンタリー映画『帰還証言~ラーゲリから帰ったオールドボーイたち~』の発表ごろからお世話になっています。

◆2010年~
2010年から、いわゆる全国キャラバン(正式名称は、「あの戦場体験を放映保存する老若の全国キャラバン隊」)が始まりました。
関西にも、キャラバンがお邪魔するようになりました。
公開収録会のようなものも行ったことがあります。

◆2013年9月
「戦場体験・百人展in大阪」を開催。
このときはまだラミネート加工した手作り感あふれるパネルでしたが、100名の戦場体験を一挙に展示する展示会は関西でも目新しいものだったようです。
「こんな企画をまっていたんや!」という熱い反応をいただきました。
翌10月には、百人展の来場者の方を中心に、大阪キャラバンを行いました。1人だけのミニキャラバンが多くなりつつある頃でしたが、このときはちゃんとキャラバン隊を結成してまとまった期間展開しました。
そのときに証言を収録させていただいた方々が、今回の中之島証言集会にも大勢登壇してくださることになっています。
このときの活動で、立命館大学国際平和ミュージアムにもご縁ができました。

◆2016年6月
「沖縄戦展」を開催。
約50名の沖縄戦体験者の方々の証言パネルを展示しました。
今度は、文字通りの「パネル」です。ちゃんと加工してあり、貸し出しにも対応できるようになりました。借りたいというお話も実際いただいております。
百人展の時より、1枚1枚をじっくり読んでいかれる方が多かったという印象です。
関西在住の沖縄戦の体験者の方、ご遺族の方との出会いもありました。早速中之島証言集会に登壇してくださる方もいらっしゃいます。

戦場体験の聞き取りを行うキャラバンのみならず、それをパネルにした展示会も全国展開するようになりました。
まずはスタッフの集まりやすい東京で開催しますが、だいたい東京でやると1か月後には、次は大阪で、という話になっています。
百人展、沖縄戦展、中之島証言集会、どれもそんなかんじです。
それぞれのイベントでの出会いから、地元の方々といっそうつながっていければと思っています。

まずは中之島公会堂での「第5回あの戦場体験を語り継ぐ老若の集い」、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2570-36e3a3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック