FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
全国キャラバンという試みをやってみてわかったことはいろいろあります。
約1ヶ月で、100名近くの方の聞き取りを行うことが可能だということがその1つで、それで首都圏での聞き取りについても強化期間を設定してみようという話が出たことは以前書きました。
聞き取りそのものについてだけでなく、聞き取りを行えばついてくる証言レポートに関しても、いろいろなことがわかりました。

●必要な情報はメモを取っておいた方がいいということ。
今回、軍歴表が事前に届いていない場合が多かったため、年代や部隊名等の基本情報もその場で確認する必要がありました。ビデオには記録されているわけですが、メモをとっていないと、概要をまとめるときにビデオを見て、その部分を探さなければならなくなります。
短期間にたくさんの方を取材しますので、時間がたつと内容が入り混じって混乱する場合も出てきます。
概要をまとめるという作業は必ずやることなので、そのときに記憶を整理するきっかけとしても、メモが重要です。
他の方に質問した内容は、目の前の方にも質問したつもりになる場合があるらしいということが、反省の中でわかりました。質問したかどうかの確認のためにも、必要な情報はメモをとるべきでしょう。

●どのようなものが必要な情報なのか確認すべきだということ。
メモをとるにしても、そもそもはずしてはいけないポイントがわかっていなければ始まりません。
うっかりすると、必要な情報を質問しそびれるということも出てきます。
必ず聞かなければならない項目について、今回キャラバンに参加しなかったメンバー、保存の会の活動にこれから参加してくださる方々含めて、確認する必要がありそうです。

●レポートは、取材から間を開けずに上げた方がよいということ。
普段の取材では、聞き取りを無事完了すれば、あとの作業に期限はないので、証言概要をまとめるのが、わりと後回しになりがちです。
今回、全国キャラバンの証言集をつくる際に必要になるということで、編集に合わせた締め切りが設定されました。そのため、この前の週末には、参加メンバーがせっせと証言概要をまとめ、メーリングリストに立て続けに流していました。
取材そのものの回数も多かったですが、レポートも普段に比べてハイペースでたくさん上がったのです。
レポートを上げるメンバーも編集メンバーもかなり大変のようですが、日ごろからできるだけ取材を終えてすぐに概要をまとめるようにする方がいいということは、誰もが実感したと思います。

全国キャラバンをやってみたことは、たくさんのお話を伺うことができたこと以外にも、得るものが多かったといえるでしょう。
必ず聞いてメモするべき内容については、改めて意見交換をして、当ブログでもまとめようと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/257-1c15f24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック