FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
中之島証言集会10日前。

昨日信州戦争資料センターの「戦争×デザイン展」のお知らせをしましたが。
すみません、長野からも、中之島証言集会に行きますという、体験者の方からのご連絡をいただいております。
まさか高速バスで?とドキドキしているのですが、どうなのでしょう。

準備している側はけっこう必死のスパートをかけているこの時期、登壇者の方もほぼほぼ決まると、なかなか外の方にお伝えする内容は少なかったりするもので。
現在は当日お話をされる原稿が続々と届いています。
第1稿だけでなく、練り直されたものもあります。5分間という「青少年の主張」並みの時間制限に合わせるという無茶をお願いしていますが、いずれも迫力のある原稿です。

「無色・無償・無名」をモットーにやっている保存の会、お話しいただく内容は、まずは体験者の方それぞれにお任せしています。
体験者の方は、それぞれご自身の主義主張もお持ちなわけですが、それを出されることについてもだいたいお任せです。それぞれの考え方について意見をするようなことはしていません。
ただ、実体験をメインでお話していただくようにというのは、大前提としてお願いしています。「あの戦場体験を語り継ぐ」集まりですので。
「あのエピソードも少し入れませんか?」といったリクエストはすることがあります。
そういうものを踏まえて、実際読んでみてかかる時間を考えて、さらに原稿を練っていただいているわけです。
昨年はみなさん、だいたい当日のぎりぎりまで手を入れてこられていましたので、今回も心の準備はしているのですが、それでもスタッフはハラハラしております。

それぞれの方の戦地・略歴等は、当日配布資料として用意することにしています。
5分間のお話の中で、気になることがあったら、さらにキーワードなどで調べていただけるようにということは考えています。
当日の証言は、本当に限られた時間内ですので、いきなり戦場の場面が展開されることもままあると思いますが、まずはその声を直接じっくり聞いていただきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2567-6818567d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック