FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「大戦とその前後」にあたるはずです。

1959年6月30日、沖縄県石川市(現うるま市石川)の宮森小学校に米軍戦闘機が墜落しました。
35件の民家をなぎ倒した後、校舎を直撃して炎上、死者18人(小学生12人、民間人6人、1人は後遺症による死亡)、重軽傷者210人の大惨事となりました。ちょうど小学校のミルク給食の時間で、生徒がほぼ全員校舎に集まっていたところだったのです。
嘉手納基地所属のこのF100ジェット戦闘機は、飛行中、エンジン火災を知らせる警告が出たため、搭載していた25ポンド爆弾4発を海上に投機し引き返そうとするもエンジンが爆発、パイロットはパラシュートで脱出。一応人気のない丘陵地に機首を向けてから脱出したということですが・・・
事故原因はエンジントラブルとされましたが、実際は整備不良だったということです。
この事故の前年にも、同じ機種で100件を超える重大事故が多発していたということが、今日の沖縄の新聞で報じられているようです。

1959年、サンフランシスコ講和条約発効から7年、東京オリンピックの5年前、日本は国際社会に復帰し高度成長に向かおうとする時期、沖縄はいまだ米軍占領下に近い状態にありました。
むしろ、その7年間に、本土にあった米軍基地が次々と沖縄に移動し、沖縄に基地が集中していっていました。
米国施政権下にあったため、沖縄は米軍に自由に使用されるという状況で、「基地の中に沖縄がある」と言われたりもしたようです。
本土から米軍の姿が遠のいた一方で、沖縄には危険が増していたといえます。

だから、大戦とその前後、大戦の延長上のことだと思います。
6月は沖縄は慰霊の月ですが、その末日にこの宮森小学校の事故の追悼が行われることになってしまっています。
終戦のはずの1945年から14年たって、戦争がまだ終わっていないことを思い知らされた6月だったでしょう。
いえ、もしかしたら、12年間、戦争が終わったという実感はなかったのかもしれません。

事故当時、沖縄のテレビは開局前で、事件がリアルタイムで伝わったのはむしろ本土のほうだったという話もありますが。
今、世間一般的にこの事件はどのくらい知られているのでしょうか?
正直、全国キャラバンが始まったころまでは、私はあまりよく知りませんでした。今は、普通に知っていることになり、周りからも情報が入ってくるので、一般的な感覚がわかりません。
この事件を同じ時代に知っている沖縄の方々から見ると、私なんぞ知っているうちには入らないことでしょうが。
せめて8月ジャーナリズムと同じくらいに、6月23日だけではなく6月は沖縄のことに目を向けるべきときだと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2510-1c267604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック