FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
うるう年の要、2月29日です。4年に1度なので、大して意味がなくても「この日何の日」をやっておいてもよいでしょう、きっと。次回という機会があるのかどうか、当ブログ的にはわかりませんので。
戦場体験放映保存の会的にはずっとあると思っていますが。
保存の会は2004年12月26日発足で、うるう年の終わりごろ生まれです。それゆえ、発足から11年経っていますが、2月29日を迎えるのは3回目です。
4月に6周年になる当ブログは、2月29日を迎えるのは2回目なので、比べると何か変なかんじがします。

さて。
2・26事件が終わったのが2月29日でした。80年前ですので、4の倍数の年月なのですね。1936年のことです。

その4年前、1932年の2月29日、リットン調査団が東京に到着しました。
前年の柳条湖事件に端を発する日中間の紛争を調査するため来日、日本、中国、満州地域の現地調査を開始します。
しかし、翌日3月1日には、満州国建国宣言が出されます。
調査報告書が出されるのはその年の10月。満州国は住民の自由な意思により成立したものではなく、日本軍が勝手に作ったものであると結論されていました。
この報告を受けて、1933年2月の国際連盟の総会に満州国の問題が図られ、満州国は日本の傀儡政府であるという決議案が賛成多数で採択されます。これを不服として、日本は国際連盟を脱退することになるのです。

1940年2月29日には、大本教教主・出口王仁三郎が不敬罪・治安維持法違反で無期懲役になっています。
この辺りは、ちょっと見ただけでは難解です。皇族内閣をつくろうとしたり、早々に防空運動を展開したりと愛国を掲げており、海軍の中で広く布教が進んだときもあったようです。一方で、日米の戦い、都市の焦土化、天皇制国家の滅亡まで予言していたとか。国家神道と違う神話解釈と革命思想・実行力を恐れて政府が逮捕に動いたということのようです。調べてみると、尋常ではない勢力による騒ぎのように感じましたが、あまり日本史としては出てこない内容のように思います。実際のところ、どのぐらいの影響だったのでしょうか。

1944年2月29日、閣議が海上輸送力非常動員実施方針要領を決定。
米軍がアドミラルティー諸島のロスネグロス島に上陸(ラバウル地区は米軍の背後に孤立し、1944年2月までの南東方面の損害の合計は死者12万人・飛行機8000機)、という記述がありました。連合艦隊司令部、パラオ島に進出、というのもありました。裏付けはとれていません。
戦況としては、2月上旬にマーシャル諸島が陥落、このころから、マリアナ諸島が米軍のターゲットとなってきます。

15年戦争と言われますが、2月29日は、1932年、1936年、1940年、1944年と4回訪れています。これもなんだか変なかんじです。

1952年2月29日、沖縄では、アメリカ民政府布告「琉球政府の設立」が公布されます。
同年の4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本と連合諸国の戦争状態が正式に終了するほぼ2ヶ月前のことでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2375-4751fbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック