FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
天皇皇后両陛下は、昨日フィリピンからお帰りになりました。関東の雪予報がはずれてよかったと思います。

今日は、11月に亡くなった水木しげるさんのお別れの会が行われたようです。
ファンや一般の人も供花できるということだったので行きたかったのですが、若いもんの不養生(いや、そんなには若くもないし造語ですが)なのか18日の大雪以来ひどい腰痛のため、混雑するところに出かけるのは断念しました。
自宅から改めてご冥福をお祈りします。

1942年1月下旬、この時期に、日本軍がラバウルを占領しています。
1月31日には、海軍航空隊がラバウル進出を完了。74年前の今日のころは、太平洋戦争開戦直後の快進撃の時期でした。
その後ラバウル海軍航空隊は数々の戦闘を勝ち抜きますが、その中で戦闘機や搭乗員の多くを失っていくことになります。
水木さんが配属されたのは1943年の後半で、そのころにはすでに負け戦。玉砕命令の中生き残った兵士たちは、そのまま別の戦いで損耗させられるのを待っていた、という話も、水木さんの戦争体験について検索していると見つかりました。

それにしても、1月に大戦のことを考えるというのは、なんだか珍しい気がします。
昨年は戦後70年で、年の初めからわりと戦争特集はありました。
私も1月から戦後70年特集をやったので、ルソン島の戦い中心に、1945年1月に起こったことを振り返っていたのですが、それまでは、大戦中の1月のことはあまり考えたことがありませんでした。
2月に硫黄島の戦いが始まり、3月下旬から沖縄戦、そのあたりから意識していました。戦場の体験を聞き取る活動をしながらも、時期をちゃんとわかっているのは国内のことにとどまっていたわけです。
世間一般の人がどうなのかとか、あんまり言える立場ではないですね。
メインで聞き取りをしている他のメンバーは、もっと各作戦の時期や作戦に関係した部隊等だいぶ把握しているのですが。

個人的にそういうところを反省しつつ、今更なことまで含めてここで公開勉強して、世間一般の皆様と共有していきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2345-548d636f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック