FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
日比谷証言集会登壇者特集のペースを上げたのと、写真をもらう予定だったのとでだいぶずれ込みましたが(結局写真はもらってきていませんが)、12月10日(木)、11日(金)の大東学園高等学校社会問題研究同好会による沖縄戦展の様子を、メーリングリストより転載します。
保存の会から2名が見に行っており、メーリングリストにはほぼリアルタイムで流れていました。日付はブログ係で入れています。

◆◆◆

大東学園高等学校・社会問題研究同好会の6名が、昨日(12月10日)、今日(12月11日)と高校内で「あの戦場を忘れない 戦後70年沖縄戦パネル展」を開催しています。

メンバーの一人と顧問の先生が日比谷集会に来てくれたのがきっかけで保存の会の「沖縄戦展」の証言パネルや写真パネルなどを貸し出し全面協力しました。
当初は来年の沖縄への修学旅行での語り部の相談だったのですが、事前学習に証言パネルを利用しませんか(こちらは~10人程度のつもり)と提案したところすぐにパネル展をやりたいという生徒さんが現れ急遽開催となりました。

今学校は定期試験の答案返却期間で授業は午前だけとのこと。
その期間を利用しての開催だそうです。

昨日、中村さんとお邪魔してきましたが、学内では一番広いと言う会議室に有孔パネルを持ち込んで迷路のように上手に展示スペースを作り、50人分を飾り付け。
ビデオコーナーや紙芝居の上映スペースなどもあってなかなかの出来栄えでした。

また座間味の集団自決を体験をした上里和子さん自作の紙芝居を、私たちは展示で見せていたのですが、高校生は自ら上演。
お客さんの希望や、それらしい先生、親しい友達が来ると上演するシステムらしく、演じ手も部員が交代でやっていました。

私の行った時間帯は部活が始まった後だったので先生や卒業生の来場の方が多かったのですが、学校案内をしてくれた部員にパネル展の事を話しかける生徒は多く、広く認知されている模様。

ポットに入れたサンピン茶や、大小がバラバラなので自家製と分かるサータアンダギーもふるまわれており、私たちも黒糖を差し入れ。

この同好会は創部3か月、初の大イベントだったようで、部員が充実感に溢れきっらきっらしているのが可愛らしく、すっかりおばさんの気分に。
今回は急で、私たち自身が平和資料館から借りた当時の写真は用意できなかったので、次回はそのパネルも用意しようと話したところ、ではもう体育館を使うしかないですねと1年生のO君。
定期開催になっていきそうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2313-fee76a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック