FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
昨日、憲法研究会の「憲法草案要綱」について書きましたが、憲法研究会のメンバーの名前を見てそれがどんな人なのかまったくわからなかったので(不勉強ですみません)、主要メンバー7人について簡単にまとめてみることにします。
読売新聞関係者や、戦時中は国粋主義者だった人等、意外な顔ぶれであることに驚きました。

高野岩三郎
東京帝国大学法科大学卒業、ミュンヘン大学に留学し、統計学を学ぶ。東京帝国大学法科大学助教授(統計学)。経済学部を法学部から独立させることに尽力。大原社会問題研究所設立に参加し、設立から死ぬまで所長を務める。1946年日本放送協会 (NHK) 第5代会長。1948年日本統計学会初代会長。日本社会党の顧問。

馬場恒吾
同志社神学校から東京専門学校(現・早稲田大学)政治科を卒業。ジャパン・タイムス、国民新聞の記者を経て、読売新聞社の主筆・社長などを歴任。リベラリストの言論人として活躍。『暗黒日記』に「戦争に心から反対したのは石橋湛山、馬場恒吾両君ぐらいのもの」と記された。

杉森孝次郎
早稲田大学卒業。文部省特別留学生としてドイツ・イギリスに渡り、イギリス倫理思想を学ぶ。帰国後、早稲田大学文学部及び政経学部の教授を務めた。教授時代、「後進に道を譲る」と言って、学生が来ると道を空けたといわれる。象徴天皇制を考案。英語が堪能で、「憲法草案要綱」を英訳、GHQに持参する役目を果たした。

森戸辰男
東京帝国大学法科大学経済学科卒業。高野岩三郎の経済統計研究室で助手後に経済学科助教授となる。経済学部の法学部からの独立を主導。同じ助教の大内兵衛編集による機関誌『経済学研究』にクロポトキンの思想を紹介したことで新聞紙法第42条の朝憲紊乱罪により起訴された。大学を失職した後、大原社会問題研究所へ。戦後初の衆議院議員総選挙に出馬し当選。天野貞祐らと教育基本法原案の骨組み作成に携わる。日本国憲法に第25条「生存権」を加えた。

岩淵辰雄
自由通信社、国民新聞、読売新聞、東京日日新聞の政治記者。1945年、近衛文麿を中心とする、いわゆる「ヨハンセングループ」による早期終戦の和平工作に参加し「近衛上奏文」の草稿作成に関与し、同年4月に吉田茂・殖田俊吉とともに憲兵隊に逮捕される。後に読売新聞に復帰、鳩山一郎のブレーンとなる。科学技術庁顧問となり、原子力基本法に深く関わる。

室伏高信
明治大学法科を中退、二六新報、時事新報、朝日新聞の政治部記者を経て、第一次世界大戦後に雑誌『改造』の特派員としてヨーロッパに渡る。雑誌「日本評論」主筆を務めた。満州事変後、軍部とのつながりを深め、太平洋戦争を賛美。戦後は公職追放の後、思想を転換。新生社を創立し、雑誌『新生』を発刊、憲法研究会メンバーが多く寄稿した。

鈴木安蔵
京都帝国大学哲学科に入学するが、経済学部に移る。京都学連事件で検挙され、この事件が治安維持法違反第1号となり大学を自主退学、豊多摩刑務所に服役。マルクス主義的立場から大日本帝国憲法をはじめとする憲法史・政治史を研究、特に大日本帝国憲法の成立過程の実証研究のさきがけとなった。静岡大学教授、愛知大学教授、立正大学教授等を歴任。憲法改悪阻止各界連絡会議(憲法会議)結成に参加し、初代代表委員に就任。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2312-e064ccec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック