FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「第4回 あの戦場体験を語り継ぐ集い」登壇者特集です。
第1部登壇順に、登壇者の方を紹介しつつ、日比谷証言集会を振り返ります。
登壇者17人目は、ビルマ北部の戦線を体験、今西久雄さんです。

今西久雄さん

今西久雄さん

スクリーンの画像です。
今西久雄さん

1943(昭和18)年8月召集。第53師団通信隊。
1944(昭和19)年1月、シンガポールへ。
1ヶ月の訓練を経て、ビルマへ向かう。
5月、ホピンの戦闘。第18師団が全滅しそうだというので、ビルマの中でも中国との国境地域へ。始めての戦闘、神経がおかしくなるようだった。
敵は英国軍だが、黒人やカチン族が先頭に立ってきた。敵の現地人を捕虜にすると、位の高いものだけ殺すか、ずらっと並ばせて殺す。銃剣で突けない初年兵がいると後ろから突き飛ばして殺させる。
勝った勝ったと盛り上がり、人を殺しても何とも思わなくなっていた。
8月、雨期は寒いので一度冬服を取りに戻って、再度前線、フーコン、キュングンへ。
蚊が多く、マラリアにかかる者が出た。自身もマラリアになり40度の熱が出たが、知り合いの衛生上等兵が通りかかり、キニーネを打ってくれたので軽快した。
転進命令が出たとき、動けない他の患者は、捕虜にならないよう殺して来いと言われ、1人が殺しに行った。(「殺してきました」と言っていたが、後に2人でマンダレーに下がったとき、実はそのまま置いてきたのだというのを聞いた。)
途中、イラワジ河畔で、インパール作戦から撤退して来る3師団を待つ。この間、飢えに悩まされた。食糧を求めて現地人と取引しても後で取り返しにこられることがあり、大勢殺した。
11月3日、自分ともう一人にマンダレーまで秘密書類を持って下がるよう言われる。(このもう一人が、マラリア患者を殺しに行った人)カラスや蛇を食べて進む。
12月27日、マンダレーの軍司令部に着くと、師団がほぼ全滅しており、イラワジ川を筏で下ってくるので待てといわれる。
1945(昭和20)年1月3日、マンダレーでの戦闘。イラワジ川から英軍の水陸両用戦車が進んできた。
500mぐらいの穴に隠れて戦車が通り過ぎるのを待ち、ジャングルに逃げた。
タイ国境を目指して南下。
8月、ラジオで「終戦」というのを聞く。「敗戦」と言わないし、敵は逃げていくので勝ったのだと思っていた。
9月、敵が白旗を持ってきて、戦争は終わったので10月7日にアーロンに集まるようにと告げる。武器を置いて集まったところで、敗戦だと知る。
10月15日、アーロンの収容所へ。それから3000名ほどがラングーンの収容所へ移送されることになり、希望を募った。
道路工事、遺体の発掘、鉄道工事、糧秣倉庫の運搬等、作業をする。最初の1年は虐待がひどかった。
1947(昭和22)年、宇品に復員。

当日のお話は、ホピンの戦闘、キュングンでマラリア患者を置いてきたことをメインに。
「弁論部だったから、4分の感覚は体にしみついている」と豪語、原稿を読むことを拒否されていました。
確かに原稿を読まずに、客席に面と向かって語るべきことを語りつくされました。
ただ、やはり時間オーバー。4分を知らせる合図に、「え、もう?」と振り返られているのが、記録映像にも残っています。
95歳、この日登壇された方の中では最高齢でした。

百人展には、第53師団通信隊の行動経路と戦死者の名前を記録した手書きの大きな地図を出していただきました。
全国キャラバンが始まる前に聞き取りに伺っており、「戦場体験史料館・電子版」に証言概要が掲載されていますので、併せてご覧ください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2303-959f8deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック