FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
水木しげるさん死去のニュースに激しく動揺しながら、戦後70年という時間を考えてしまう本日。ご冥福をお祈りいたします。
明日からは師走に入り、今年を振り返れば、今年もそうそうたる戦場体験者の方々が亡くなっているのを顧みることになるのですね。

そういう戦後70年の今年ですが、今日の話は戦後70年特集ではありません。
1年前、去年の今日のことです。
百人展in長野を終えて早々の日曜日、「さて来年は・・・」と話をしていて、今年の日比谷証言集会開催が突如浮上、即日決定してしまったのでありました。
「第4回 あの戦場体験を語り継ぐ集い」へのカウントダウンが始まったのです。
毎度毎度イベントが終わったと思ったらその反省をしているそばから次のイベントが決まってしまうのは、いったい何なんでしょう?
そうして、水面下で動き出した少数精鋭(?)の思惑をよそに、日比谷公会堂の改修に伴う来年度から使用停止が決まったり、国会周辺が戦後空前の騒がしさになったり。
ギリギリの情勢がギリギリいいほうに働いて、日比谷証言集会は成功裏に終えることができたのですが、カウントダウンの最中は本当に気が気じゃありませんでした。

日比谷証言集会までの日々の中でも、保存の会を支えてくださっていた体験者の方々の訃報は届いていました。
プロモーション映像を作ろうと思ったとき、冒頭ではすでに故人となられていた第2回の登壇者の方々を紹介しようと思っていたのですが、それから半年ほどの間に第3回登壇者の方が亡くなったため、その方々の写真と証言テーマを使わせていただくことにしたのです。亡くなるとは思っていなかった方々でした。
日比谷集会と前後して、長く語り続けられてきた硫黄島の体験者の方が亡くなったり、写真家の福島菊次郎さんが亡くなったりということもありました。

多大なる犠牲を出したあの大戦、だから戦後70年には、それなりの規模のことを行わなければならない、という認識の結果が、6年ぶりの日比谷公会堂での証言集会という形になったのですが。
一区切りではなく、常に続いている時の流れ、否応なしの世代交代の最中、それを思い出すイベントであったのかもしれないと思います。

そんなことを、毎年毎年しょっちゅう繰り返しているわけです。
課題は多く、その分ネタは尽きないというべきなのか。
今日も何かへのカウントダウンの最中だったのだと、後で振り返ることになるのでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2282-da3c6da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック