FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
昨日思いついたことを書いてみたら、さらに考え続けてしまったので、備忘録的に書いておきます。
沖縄戦展と百人展のハイブリッドについて。

昨日、仲井間千代さんの証言を沖縄の女子学徒隊の証言と並べたいということを言いました。
これはこれで絶対まとまりがあってかつ展示の幅が広がると思うのですが、こうなると、従軍看護婦の証言も集めてみたい気がします。
沖縄戦展のパネルには、沖縄戦を体験した正規の看護婦さんや、医務室勤務で看護の手伝いをした女子看護隊員の証言も含まれています。最初は「医療関係者」というくくりで計画したためです。最終的に看護に従事した10代の女性に絞られました。テーマは「学徒隊(戦場に動員された少女たち)」になりましたが、女子学徒隊以外も含まれています。
ここは、改めて、戦場で看護にあたった少女たちということで、百人展の中にコーナーをつくるというのは一つかと思います。
医療関係者でまとめると、しょうけい館のジャンルになってきそうなのが気になってそういうテーマ立てというのもありますが。

少年たちのほうになると、沖縄戦展ではやはり「戦場に動員された少年たち」というテーマでコーナーをつくっている一方、百人展のほうに「少年兵」関連のくくりがあります。これをうまいこと結びつけることができれば、というかんじですが、少年たちは志願の幅が広いので、10代で戦場に行った例はだいぶ多いと思います。(徴兵年齢が引き下げられた関係で19歳で現役兵になる場合等は除きます)

というかんじで見てきて、いっそ百人展のテーマに沖縄戦展の証言をそのまま当てはめてみたらどうだろう?と思いました。
例えば、上下2段で、上段が百人展の証言、下段が沖縄戦展の証言というかんじで。
沖縄戦はあの大戦の縮図だといわれています。ならば、それぞれのテーマに当てはめてみれば、それを確認できるのではないでしょうか。
南方戦線や満州の辺りにも、沖縄出身者は入ってくるはずです。
満州からの引き揚げの体験者の方の証言はありますが、南方戦線等は現地の人たちの証言はとれないものです。移民していた方という方面からなら、現地に暮らす人々の証言を加えていけそうです。

問題は、これまでの沖縄での聞き取りや、内地在住の沖縄出身者からの聞き取りだけでは、全部のテーマの証言がそろわないだろうということです。
とすると新しく聞き取りをすることになるのかということですが。なにしろ、「こういう戦地の体験者」というリクエストで体験者の方を紹介してもらうというのはほとんどできないもので。(保存の会への問い合わせにはよくありますが・・・)
現実には、「戦争の体験をお話しいただける方」を紹介していただけないかとお願いしてみても、なかなか該当者がいない場合が多くなっています。
まあ、こういう展示をしたいという事情を言って、一応聞いてみるのはありなのでしょうか。

これは、私が考えたことをそのまま垂れ流しているだけで、こういう展示をするかどうかという話は保存の会ではまったくしていません。
しかし、書いているうちに、具体的にこれまでにできているパネルや心当たりの体験者の方をテーマごとに並べた形を作ってみるべきかと思い始めました。とりあえず、やってみたら当ブログで何かしらまとめた報告特集をしようかと思います。
・・・・・・無茶ブリで自爆したような気が非常にします。長い目でみてやってください・・・
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2252-16d966cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック