FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
第4回の日比谷証言集会を終えて、ついつい過去の日比谷を振り返ってしまいました。
ここらで、ちょっと未来志向に。

といっても、26日に書いた内容の続きのようなものです。
マスコミとか、もともと戦場体験史料館・電子版があるだけで利用したいと思う層との関係について。
「無色・無償・無名」を掲げているものの、無名の個人が無名の戦場体験者の聞き取りをするのはいいとして、団体として「無名」なのはどうなんだろう?と思うわけで。
今年の8月15日に、保存の会の証言映像がベースになった番組が放送されましたが、そのタイトルが「発掘!戦場の叫び ~元兵士1500人が伝えたい真実~」というのを見て、なんか「アフリカ大陸発見」みたいだなと思いました。もともと10年も活動している団体なんですが、なんかテレビの企画が発見したから存在が認められたみたいになっている気がしたのです。
まあ、どちらかというと「極東ジパング」的ポジションでいいのかもしれませんが。
普段は、マスコミ等に体験者の方を紹介しても、保存の会の名前が出ることはありません。

しかしです。
同じ「記録が発掘された」でも、米国の国立公文書館だったら、もれなく番組に登場するわけですよね。
「こんな記録が残っていた!」というかんじで、それが公文書館によってより権威づけられるという。
そう、目指すならこれなんでは?

何万人という数字の1つ1つである無名の戦場体験者の体験が、無名の個人が聞き取り収録して残される。
語り手の表情や沈黙にさえ、戦場の光景が浮かぶ記録。
それが数多く蓄積されていることで、いっそう説得力のあるものとなる。
例えば「戦場体験放映保存の会」が集めた証言映像ということで、その証言が力を得るような存在。
それによって何か特定の主張をするというのでなしに、ここにあるということ自体が説得力であるような場。

とまあ、ヒラのボランティアが勝手にえらいことぶちあげておりますが。
とにかく、一人一人の証言はどれもすごい証言なのだから、それが保存の会にあることによってすごさが伝わるようになるといいと思うのです。

しかし、米国立公文書館がテレビに出るのは迫力ありますが、戦場体験史料館が毎回テレビに映る絵面を想像すると、・・・確かに「発掘」というかんじかもしれないなあと思います。見てみたいですけど。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2221-e68412b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック