FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
沖縄キャラバン2015、2月11日(水・祝)の様子その4、というより番外編的なところです。

沖縄キャラバン2015は2月11日(水・祝)が最終日で、3名のメンバーがそれぞれの行程を終えて、那覇空港から東京へ向かいました。
ちょうどこの日から、那覇空港で、沖縄県平和祈念資料館の巡回展『日系二世が見た戦中・戦後~母国と祖国の間で~』が始まっていました。
私は飛行機の時間が早めだったので、座間味から戻ってすぐ空港に行ってもあまりじっくり見られなかったのですが、早く空港に着き、飛行機の出発まで時間があった2名のメンバーは、けっこうしっかり見たようです。
説明をされていた方とも、私は5分そこそこの間に少しご挨拶した程度でした。
私が搭乗口に向かってからも、他のメンバーは話をしていたようで、保存の会でも沖縄戦展をやるというのをアピールしたところ、この担当の方がひそかに乗り気になられていた模様。

後日、横浜JICAプラザに落ち着いて見に行ったときには、「ああ、あのときの・・・」というかんじで、沖縄県平和祈念資料館のパネルを貸していただくことを前提に手続きの仕方や展示の仕方などの話が展開。那覇空港で話し込んだメンバーも私の行った数日後に横浜に行って、より本格的に話をしたようです。
さて、しかし現在、年度の変わり目です。明日から新年度になったらどうなるのでありましょうか。貸出できるものは増えるようですが。

沖縄キャラバン2015では、平和祈念資料館の貸出パネルの中で場所がわかるところの現在の写真を撮って回ってきました。最終日も、1人は戦跡写真撮影中心に動いていました。
慶良間の海でも感じた戦時の光景とのコントラストを、見える形にしてみたい、というのも、沖縄戦展での試みの1つです。

6月23日の慰霊の日ごろは、平和祈念資料館でももちろん展示イベントを開催中です。6月は沖縄全体が戦争と平和に向かい合う時期となります。
本土でも、この時期に合わせてイベントを行うところもあると思いますが、保存の会は東京で大々的に行う方向です。
沖縄と東京で沖縄戦の展示が同時開催、というかんじで行けたらいいと考えています。
沖縄戦には、本土、特に首都こそ、しっかり向かい合うべきだと思いますので。

最後は、沖縄キャラバンのレポートというより、沖縄戦展への意気込みのようになりましたが。キャラバンの締めくくりが那覇空港での展示だったことで、最後までしっかり刺激になって新たに加わった気合いと可能性もあるのです。
まさに沖縄キャラバン2015は、6月の沖縄戦展へのスタートダッシュでもあったように思います。

さて。沖縄キャラバン2015の報告を締めくくっている間に、4月1日が刻々と近づいています。
70年前の明日、沖縄本島での地上戦が始まります。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
アメリカの将軍が沖縄県の人々をに対しとんでもない暴言↓
http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-576.html
↑詳しい情報はこの記事にあり
2015/04/01(水) 13:15 | URL | W・S #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/2024-6808f096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック