FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
信州・北陸チーム、いまだに本隊からの連絡が入りません。便りのないのはよい便り、なのかどうか、少々心配になってきます。後方支援部隊というのはそういうものなのでありましょうか。
昨日(30日)帰還した別働隊から任務終了報告が届きましたので、そちらを紹介します。

JR小海線(長野) 千曲川(長野)

左:JR小海線
右:千曲川

8月30日(月)、体験者の方がお2人で待っていてくださるということで、佐久市へ向かいます。
午後からの聞き取りに向けて、ちょっと早めに出発。JR小海線臼田駅に降り立ち、千曲川の見える農協で待ち合わせ。緑豊かな場所ですが、まだまだ猛暑です。
体験者の方のお宅にお邪魔したところ、一緒にいらっしゃる予定だった方はご家族の急病でお出かけになってしまったとのこと。お一人からお話を伺うことになりました。
ご家族からは中国と伺っていましたが、満州の体験者の方でした。こういう違いにはよく出会います。体験者の方のご子息の年代になると、「満州」になじみがない方も多くなるものかもしれません。
ご紹介くださったご家族の方も同席され、最初から最後までお話を聞いていらっしゃいました。「ときどき戦時のお話を聞くことはあっても、こうしてまとまって聞いたのは初めて」とのことでした。
ソ連との戦闘中、戦車特攻を命じられるも、たまたま戦車に遭わなかったため助かったというお話。部隊の中で、「信州の山猿は強かった」と言われていたそうです。
長野では恒例であるのか、自家製のお漬物をいただきました。お土産にはたくさんのプルーン。

実りの多かった3日間の旅を終え、長野を後にし、夜無事に東京に帰還。
お疲れさまでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/193-327bed55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック