FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
8月28日(土)の信州・北陸チームの様子です。

午前中より、長野新幹線にて、長野県入り。佐久平駅へ。
佐久平駅に集合したのは、保存の会ボランティアメンバー3名、元兵士の方1名、ボランティア希望の方2名。キャラバン隊の旅始まって以来の大所帯に。大所帯、というより、このくらいの方が「キャラバン隊」というかんじです。
ボランティア希望は、地元のSさん、長野でインターン中の大学生Oさん。聞き取りには今回初参加です。
ここから3組に分かれます。

1班、保存会Sさんと学生Oさんは駅レンタカーで出発。Sさんは5年ぶりの運転ということで、おっかなびっくりの道程だった模様。
体験者の方のご自宅へ。こちらに、義勇軍時代からのお仲間の方もいらっしゃって、ご自宅での「収録会」です。
スイカやお漬物でなごみながらの聞き取りでした。

2班は、リーダーNさん、体験者の方藤原さんが、地元のSさんの車で佐久創造館へ。
シベリア抑留体験者の方、トラック島の体験者の方にお話を伺いました。
長野テレビと信濃毎日の取材も入り、こちらは本格的な公開収録会となりました。

3班は、体験者の方ご自身が車でお出迎え。車のフロントには、達筆で、「戦場体験放映保存の会T様」との張り紙が!地域への宣伝もばっちり行いつつ、ご自宅へお邪魔します。
満州警察のお話、シベリアのお話を伺いました。
満州時代にご結婚された奥様お手製のお漬物をいただきながらの取材。一時旦那様と離れ離れになり満州から引き揚げてこられた奥様のお話も少し伺うことができました。
帰りも、体験者の方の運転で佐久創造館へ。

再び佐久平駅に集合。東京から日帰りの予定だった体験者の藤原さんを見送った後、1班のレンタカーで長野市へ。
イタリアンを囲みながら、これからの長旅を思う一行。
こうして信州・北陸チームの初日の夜は更けていくのでありました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/189-7a957659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック