FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
一度だけお会いしたことのある方、お会いしたことのない方の訃報が、ときどき保存の会事務局からのメールでやってきます。考えてみれば、妙な日常です。
お話を伺った体験者の方の訃報が実際に保存の会に届くのは、だいたい数か月~1年ぐらいたってからということが多いです。
体験者の方の訃報は、昨年から今年にかけて、特に増えているように思います。有名人、といえる方も亡くなっています。
今日も、私が聞き取りをした方の訃報が事務局から届きました。
来年の戦後70年を前にした今、確実に1つの時代が終わろうとしている気がして、悲しみとともに寒気がしました。

個人的には、あの戦争の話よりも、それを語っておられた体験者の方が亡くなっていくことに衝撃を受けているようです。
『戦場体験キャラバン』で、戦争の話でどーんと落ち込んでしまうと次が聞けなくなる、といった話を座談会でしていますが。私はどうも、戦争の話ではそんなに落ち込まないけれども、その方がいなくなったという事実に落ち込みます。あまりいいことではないのでしょうが。

戦場体験者の方々の死亡率は、戦場並になってきているのでしょうか。
亡くなった方を悼むとともに、戦場体験を聞くということに関係するいろいろな後悔が湧いてきます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1864-32703269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック