FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。

18:20まで開いているということで、仕事終了後ダッシュをかけて、慶應義塾大学図書館へ、企画展「慶應義塾と戦争2」を見に行きました。
中は写真撮影できなさそうだったので、会場入り口の写真です。

学徒出陣で戦死した学生はじめ、ご存命の出身者の方まで、様々な品物が提供されているようです。

慶應義塾大学に通う学生にとっては先輩にあたる方々それぞれの人となりと、その人がどのように戦場に行き、生死を賭ける場に向かい合っていたのかを浮かび上がらせるものでした。
戦地からの手紙や遺書も多数。意外に、検閲を感じない、素直な心情が出ているようなものも目につきました。

また、上原良司氏兄弟にまつわるものも多数あり、以前写真で見たことのある品の実物を見ることができました。
と、例によってずれた見方もしています。

平和ミュージアム以外でこういう大学の戦争展を見る機会はあまりないような気がしますが、戦争になれば真っ先に前線に行くことになる年齢の集まる場で開催される意義は大きいだろうと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1862-b5a2f075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック