FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。


本日10月26日(日)、福島県白河市の表郷キャラバンを行いました。

午前にルソン島の体験者穂積上さん、午後に中国の体験者鈴木陽司さんの聞き取り。
お二人とも、写真や品物を多数ご用意くださっていました。

穂積さんは太平洋戦争開戦という日に入隊。
今の北朝鮮の寒い場所で約3年、その後ルソン島へ。ルソン島で飢えた際、少しでも荷物を軽くしようと千人針を捨てて間もなく爆撃でケガをしたため、千人針を拾いに戻った話が印象的でした。伝令に行っている間に部隊が全滅していたりと、確かにギリギリのところで命を拾った経験が何度もあったようです。

鈴木さんは、2011年に引き続き2回目の聞き取り。
勲章や恩賜の煙草、馬の蹄鉄等見せていただきました。当時の徴兵制度の説明等含めて、中国の体験を中心に伺いました。
体験は初期の中国戦線の貴重なお話ですが、そのまま用語解説に使えそうな説明がたくさんありました。

穂積さん、鈴木さん、今回調整してくださった緑川さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1860-04614cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック