FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。

仙台キャラバン初日の10月12日(日)の2班の様子を少々。

最初の聞き取りは仙台空襲の体験者の方でしたが、この方、ご自身で焼き鏝を作られているそうです。
これは、それを使って作られた「九条せんべい」。何種類かあって、まぜてつめてあるというこだわりの一品です。

戦時中、お父様が鋳物工事をされており、地元兵団の兵士が身につける認識票等を一手に担っていたそうです。この方も、それを手伝われていたとのこと。
ガダルカナルの遺骨収集で、自分たちが手掛けたものとはっきりわかる認識票が見つかったのを見て、こうした戦場に加担したと強く感じられたということです。

そんなお話を伺いながら、聞き取りを行った某メンバー、焼き鏝を注文したそうです。
そのうち、それを使った何かの写真も掲載することになるかもしれません。(保存の会に関係するものです。)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1850-ec33b7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック