FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
ちゃんとした振り返りの会は後日行うと思いますが、百人展in仙台について、開催中から昨日までの間にメンバーの間で出た感想等を書いておきます。

まずは、ほとんど土地勘のない場所でたくさんの方にご覧いただけたことはよかったと思います。
特に、体験者の方の証言会は、あまりに人が少なかったら体験者の方に申し訳ないところでしたので、毎回100名ほどと思われる方々に来ていただけて安心しました。
お話しいただいた体験者の方々も、ご自身の証言以外の日にもお越しいただきました。こういう形での戦場体験証言の機会は地元にはあまりなかったようですので、今後また一緒に何かできることがあればと思います。

昨年の東京、大阪と比べて感じたことは、仙台の方々は展示されているものを1つ1つ本当に熱心に読まれており、疑問に感じたことはそのままにせずに質問されるということでした。
物品の展示品について、これはどういうものであるのかとか、この品物を提供された方の証言はないのかとか、質問があり、それを参考に日々説明を付け加えていきました。
東京は証言会と展示の会場が同じ場所でしたし、大阪はご自身がお話をしたいという方が多かったということで、あまり細かい質問が出なかったのかと思いますが、今回はいろいろと気づくことができてよかったです。
今後全体的に説明文をつけていくことを検討します。

開場のせんだいメディアテークは、本当に地域の文化の発信センターとなっているようで、普段からよく利用されている方々が立ち寄られた場合も多かったようです。
もともと戦争に関心があったわけではない層にふらっと立ち寄ってもらえるというのは、貴重なことです。

一方、今回は体験者世代の方々がお客さんとしては少なかったのが気になりました。
昨年の東京・大阪では、話をしたいという体験者の方がだいぶいらっしゃったのですが、今回少なかったのはどういう状況なのか。1年が経過して、体験者世代で動ける方がほとんどいなくなっているということなのか、体験者の方々が参加できそうなイベントに見えなかったということなのか、考えてもなかなかわからないことではありますが、次回の長野と併せて様子を見ていく必要があります。

地域性による部分も大きいということもわかったわけですが、今後に向けて生かしていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1804-76ea7ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック