FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。





表郷戦争回顧展、今日5月31日(土)の講演は、石川町から講師をお2人迎えて行われました。
お友達の方々も聞きに来られており、ちょっとした団体さんになっていました。

「空襲下、原爆の原料ウラン掘りと沢田の飛行場造成に動員された中学3年生」と題し、中学生の勤労動員についてお話されました。
有賀究さんは、当時の学校生活や時代背景のお話から、石川中3年生がウラン掘りをさせられた状況について。
石川町にはジルコンの鉱山が発見され、ウラン鉱石の埋蔵も有望とされて発掘にあたったようですが、中学生の目から見ても、説明されたような鉱石は見つからず、それでも雨の日以外は作業があり、いつもお腹をすかせていたそうです。

前田邦輝さんは、沢田地区の秘密飛行場造成も半分半分で作業があったということで、両方のお話。
飛行場といっても、田んぼを平らにしたような状態で、まっすぐな道に沿ってつくられたとのこと。
この飛行場に、2度だけ、飛行場が飛来したそうです。

ウラン鉱石の方は実際にほとんど出ていなかったというのを、戦後鉱物研究の専門家から確認されたそうですが、その調査過程のお話がまたなかなか興味深いものでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1705-32e529f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック