FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
大阪キャラバン2日目、10月18日(金)の様子です。
主に証言概要の速報です。後日、詳細版もメーリングリストに流れると思います。
最前線からのメールより転載します。

◆◆◆

◎阪口繁昭さん

昭和3年生まれ

昭和18年、義勇軍に志願。
親に内緒でハンコを持ち出して応募。

内原訓練所。
開拓のことより軍事訓練ばかりで、思っていたのと違った。

昭和19年10月 渡満。東寧へ。

そのうち第6国境守備隊に行かせられる。国境付近の監視にあたる。

20年8月9日、ソ連満州侵攻。

口頭命令で陸軍二等兵に。
斥候に出る。

12日、斥候中に負傷。

15日ごろ、捕虜に。

その後捕虜になりライチハ収容所へ抑留。
22年10月、復員。

軍籍がなかったが、戦友が証明書をかいてくれた。

◆◆◆

同じくメールからの情報ですが、阪口さんは地元でたくさんのボランティアをされている有名人で、今日は、日ごろから協力関係にあるらしい地元の交番で待ち合わせだったとのこと。
終戦直後に夜警のようなものを結成されたころからのつきあいのようですが、図らずも「出頭」状態になったキャラバンメンバーでありました。
迷わないようにとのお心遣い、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1474-b09c6fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック