FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
2度の「百人展」の間に、証言概要がたまっていました。そろそろまた掲載していくことにします。
まずは、今年の「百人展」で展示させていただいた方から。
2012年2月5日(日)に、沖縄キャラバン2012の本島北部組が伺った証言の概要です。

◆◆◆

◎金城幸昭(きんじょう・ゆきあき)さん(82)
取材日:平成二十四年二月五日
所属:第二護郷隊(第四遊撃隊)第三中隊第二小隊
歩兵
戦地:沖縄県北部
―――――――――――――

○1929年(昭和4)7月10日、沖縄県東村生まれ。

・小学校を卒業すると同時に、すぐ伊江島の飛行場の徴用される。
・伊江島に4、6回行った。多い人は一ヶ月交代で十回くらいいっている
・最初は民家で寝泊まりしていたが、十・十空襲のあとは民家もないし、墓から全部骨壺を出して寝起きすることもあった。
・召集令状が届く。あたりまえだという気持ち。一期上の先輩は十九年十月に召集されて恩納村のほうにいた。

○1945年(昭和20)2月28日、役場に集合

・ちょうど空襲で、飛行雲が低空で撒いていて、毒ガスだと大騒ぎになった。
・学校の裏にいた兵隊達も騒いでいた。
・歩いて名護まで行き、着いた時は日が暮れていた。明け方の3時頃部隊に着いた。

○1945年(昭和20)3月1日、第二護郷隊第三中隊に入隊。

・朝になったら各々服を配給して、靴もあてられた。小さいのでなかなか合うものがなかった。
・入隊式をやっている途中に空襲があって、山に避難して、日がくれる時分に戻って来た。
・三中隊は全部東村出身で、小隊長も東村出身。地元の先輩がまわりにたくさんいたので助かった。二十歳で徴兵だから十九歳以下。
・護郷隊は正式な軍隊なので階級がある。二等兵で入った。防衛隊員は階級がなく、ただ赤い布をつけていただけだった。
・三中隊は東村と国頭読谷、北谷、小禄からきていた
・岩波隊長は二十四歳くらいでぱりぱり。
・三中隊の中隊長は畑少尉といって二十二歳で鬼のような人。「敵さん」と言わずに、「毛唐」と呼んでいた。そのくらい徹底していた。そのかわり、山の中でちょっと火があったら、「お前たちも自由に煙草を吸いなさい」と、シラミをとったりいろんなことをしていた
・25日間の教育で、それまでに現役の3カ月の教育をするんだということで、夜昼全然休む暇がなかった。一生懸命やった。
・10キロの爆薬を背負って昼は演習、松の木に爆薬を撒いて実習をしたり。
・弾がないので実弾を撃つような訓練はなかった。
・教育期間中は川で水浴びをしていた。

○1945年(昭和20)3月25日、安冨祖の本隊へ移動。

・ようやく風呂に入ったり、ちょっと余裕があった。
・先輩たちは19年10月ごろから名護で教育を受けていて、いろいろなことを聞いたり習ったりした。
・大隊長は非常にいい人だった。
・お使いで部落に砂糖を買いに行ったら、住民は「ありがとう、ご苦労」とお金はもらわなかった。

○1945年(昭和20)3月末、十四、五名位が先に石川岳に派遣される

・隊長からお別れの水の盃をされた。
・仮小屋を作っていたが完成しなかった。
・本当は最初教育が終わったら家に帰るということだったが余裕がなかったからそのまま。前に教育を受けた人は帰っている。これが上陸したから帰れなくなった。


○1945年(昭和20)4月1日、米軍沖縄本島上陸。

・中南部からも友軍が来て合流して戦った。
・夜間行動。
・分隊長ともはぐれて責任者がいない。
・恩納村の村民は護郷隊と一致連帯なので、部隊に来て食糧をあげたり。
・恩納岳につくまでに、日本兵も逃げて来た。
・合言葉があり「山」「川」、「富士」「桜」がある。合言葉を出しても返事がないので、分隊長が敵と思って突いたら日本兵だったことがあった。
・恩納岳の上から一中隊、二中隊、三中隊。三中隊は下の先の方。三中隊でも三小隊あり、二小隊にいた。
・三角山という地点にいた
・三角山がアメリカに占領されて、奪い返すために部隊から行った。その時に日本の幹部たちは撃たないで切り込むんだということで、その間に発見されて、七名か八名くらい戦死者が出た。
・あとからあとからアメリカが来て、下の山にも三百名か五百名位テントをはっていた。
・ほとんど毎日恩納岳で戦闘。戦友もずいぶん亡くなって、夕方になったら「今日はお互い終わった、明日になったらいるかわからんよ」と話し合った。
・さがる時に負傷して歩けない人とかはもう拳銃で自決したり、手榴弾を置いて行った。
・三角山をとる場合も、さっき石川岳からとおるときに傷もまだなおってないんだが、一緒に行くんだと言って亡くなった人もいる。
・こっちから全然撃たないから、一時間おきくらいに迫撃砲を二十四時間撃って来る。
・前線で仲間二人と交代したあとに直撃を受けて、一人の背中におちて、ひとりは顔面におちた。また班長さんに呼ばれて、直撃しているから見てこいと言われて、見に行ったら二人がさんざんにやられていた。水がたまった塹壕が真赤になっていた。
・夜は艦砲射撃があるから、ずっと壕を掘っていた。発射音が聞こえたらまた壕に入ったり。
・そんなときに壕堀の上に直撃を受けて一人亡くなった。
・食事は一日二回お茶碗に一杯朝晩。交代で持って来るが毎日は届かない。途中で撃たれてやられたりで実際に食べられるのは一杯くらい。だから痩せて来る。
・缶詰なんかもあったが、これも全部腐っているようなもの。
・アメリカが攻めて来るのを上から見ているからわかる。
・毎日撃ちあいして、かれらは急いで手榴弾の信管を抜かないうちに投げる。それを集めてまた投げた。日本は自決用で一発しかないから離さない。
・彼らはどんなに戦っても必ず死体を取りに来る。やられてまた取り返すのを繰り返す。
・アメリカ兵は夜に音楽をかけたり悠々としていた
・九九式歩兵銃を使っていた。重くて扱いがよかった。
・擲弾筒はいい効果があった。あれは後方からやるから一番安全。
・アメリカの手榴弾をつけていて、夜移動している時に何かにピンをひっかけて自爆してしまった人がいる。
・正式なトイレがないから、ちょっと離れてあちこちでする。まったく食べないからそんなにいかなかった。

○1945年(昭和20)5月28日、友軍機を見た。

・掃討上空からサーチライトが届いて日の丸が見える。確か海軍機だった。悠々と一機。友軍機を見たことがなかったので、なつかしいなあと思って山から見ていた。
・このころは伊江島なんか五周くらい軍艦が巻いていた。
・体も小さいしいつも斥候にいってきて、要するに彼等は子供だということで、お菓子をくれたり煙草をくれた。こっちは斥候は着物をつけていった。洋服はつけていけない。相手の様子を探りにいっているわけだから。
・その前に石川以北の松並木を倒せば通らないということで、爆薬で倒して橋を落として、恩納村から以北全部やったら、彼等は問題ないわけ。ブルで片づけるから。困ったのは沖縄の避難民だった。馬車で通れない。それでこっちから松があるから通れない。かえって県民を殺したわけ苦しめたわけ。これも後で勘付いて、橋もこわしちゃったら、大雨が降るもんだから通らんということで、橋を壊したら、彼等はブルで埋めて、いけいの部落も全部毎日、後で全部鉄橋に変えてあった。護郷隊は全部こんな仕事だった。
・中頭、島尻から兵隊さんが下がってきて、一緒にいろんな行動をやった。こっちは軽機関銃と小銃と擲弾筒しかない。彼等は重機をもっているもんだから、重機を持って行って十三号線に隠れて、アメリカのトラックとかが通ると撃って食料品を取りに行っていた。すごかった。

○1945年(昭和20)6月1日、いよいよもう激戦も最期、恩納岳も総攻撃をうける

・この時に、前線の三角山で、後ろに指揮班がいて、うちの小隊長が「指揮班にすぐいけ」と命令して、壕が全部おちていて、それをくぐって指揮班にいったら、指揮班のM軍曹が顔面をやられて伏して死んでいた。それでいって畑隊長に報告して、「二小隊の応援を頼む」といって伝令に行ったわけですから、「くん、よしご苦労、すぐ帰って隊を下げなさい」ということで、後方に全部下げるということで、命拾いした。
・報告にいっている途中にやられて死んだことになっていた。隊に戻ったら「ああ、元気だったのか」と抱き合った。
・六月二日か三日にさがった。
・団体行動でやるんだが、なかなか難しい。いったりきたりで、何回もやってまた駐屯したりで、隠れたりしてやった。そこでまた休んでいる時にまた命令されて、缶詰をひろってきなさいということで、きんの池にいって、この前日に斥候に行ったのが、むこうで缶詰を見ていた。それで翌日とりに行った。とりにいったら、先に他の人が行って、アメリカに追われて逃げてきている。僕らに「アメリカ来るから隠れろ」ということで、友達二人で隠れた。
・隠れていたら、ちょうどむかいくらいに車が止まって、「危ないな」と思ってしばらく動けなかった。友達が後ろで何か動いている。「何かやっている」と見たら、アメリカ兵が銃をかまえて立っていて、もうどうしようもない。それで二人捕まえられて、金武の学校に連れられて行った。
・雨が降るから編上靴を脱ぐ暇がない。はきっぱなし。そのころは赤チンをつけていた。それで金武にいったらハワイ二世の通訳に「これは何か」と聞かれて「ヤマモモをつけてつけたんだ」といった。それで赤チンだとわかっていた。むこうは苦笑いして、この人に助けられた。
・暫くしてから二人呼ばれて「あんたがたは護郷隊ともうわかっているから、明日の朝作業に出すから、この中に紛れ込んで出なさい」ということで、「ありがとう」ということで、朝紛れ込んで脱出した。
・そのまま部隊に帰らなければいけないから、逃亡兵だと思われたら大変だから、金武の寺に一泊止まって、夜、むこうがわにアメリカの飛行場があってその重機の作業場を突破しないといけないから、どうしようかなあと思っていたら、ちょうど馬車道への下水みたいなところから、暗い所をこれを頼っていこうということで、やったらちょうど重機の作業場を突破できないわけ。まだ山がのこっていたので、そこに行こうとしたら、重機が止まった。ストップ、休憩。「今だ」ということでスーッと逃げて、それで逃れた。
・そんなにして部隊へいったら、もう部隊は移動していない。部隊を探していけないので、金武に戻って、難民がいっぱいいたから、どうどうと道づたいにいかないとわからないもんだから、それで探して、昼行動してようやく戻った。それで部隊より十日前くらいに家に来て、途中でもアメリカに捕まえられたりして、やっとかえってきた。
・学校の前に松の木があって、そこの根っこに寝ていたら、相棒も家が近いから「明日ゆっくり君の家に行こうな」といって寝ていたら、日本兵が東からアメリカに追われて家にいて、いろんな話をして、家があるからこっち泊ろうと言って家に泊った。
・避難壕から米やらいろんなものを探してもっていたから、それでもう家だからいいということで、部落にいったらみんな元気で、アメリカがいっぱいいるからこの着物に着替えていきなさいということで、着物をもらって、敵はもうみなれていたから、で、まさかこれつけていかれないということで、途中で缶をさがして、ちょうどいったら平の部落にアメリカがいて、二か所にいて橋の手前で、逃げたらいかんということで、平部落にいったら避難民がいた。部落は殆ど焼けていた。
・オジーとオバーがいたので話を聞いたら、途中で家族が全部いた。
・師範学校生とか現役から帰って来た人とかが残っていて「総攻撃をやるから一緒にいこう」という。「日本は敗けているよ」と言って総攻撃の準備をやめさせた。
・それから十日くらいしたら部隊が帰ってきた。
・時期が来るまで家庭に戻って待機するように命令が下る。それで部隊長さん達は収容所に七月か八月ごろ、説得されて山を抜け出したという話。
・家に着いてから家族と生活。
・部隊は有銘の山で解散。有銘で解散になった時に一等兵になった。
・八月ごろ部落から出た。
・負けて当たり前だと思っていた。敗けてくやしいなあとかいうのはあんまなかった。帰って自分らで仕掛けた方が悪かったというようなかんじ。

●部隊解散時、陸軍一等兵。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1444-8b17ec7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック