FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「百人展PART2」と、その後の展開の中でいっぱいいっぱいになり、いつのまにか祖母の命日を過ぎていました。
イベント1週間前に一周忌で帰省した後だったのでいっそうそうだったということもありますが。今年はどうもそういう傾向にあるようでいかんと思うところです。

さて、先日、ちょっと「なぜ祖父に戦争の話を聞いていなかったのか」ということについて改めて考えることがありました。
それで思い当たったことの1つに、身内だと、いつでも聞けるような気がしてしまう、ということがあります。
あんまり考えたくないというのもあると思いますが、家族が元気なときは、いつか死ぬということは普段あまり考えないもので。倒れてから「あっ」と気づいても遅いのですよね。
私が関東に出て来てから、今現在戦場に行っているような方々の講演には何度か行きました。ジャーナリストであったり、戦場カメラマンであったり、傭兵であったり。
そういう人たちが戦場で命を落とすかもしれないというリアリティに比べて、自分の祖父は大丈夫という感覚だったのです。

保存の会の活動に参加するようになったのは、その祖父が亡くなった直後の、後悔の極みの時期でした。
遺された時間は少ない、ということを強く実感しました。それから、もう5年が経ち、去年祖母が亡くなり、今年は母方の祖母が亡くなり、祖父母はいなくなりました。祖母たちは、晩年は家族のことも忘れがちになっていましたが、ここまで長く生きていてくれたことは、とても幸運だったのだと思います。戦争の時代よりずっと長く、同じ時代を一緒にすごすことができたということも。
ただ、その中で忘れていた(と言っていいのか)ことがあった、というのもまた事実だったのです。

だから、改めて呼びかけ、というのか、そういうことを。
それぞれ、ご家族のお話を聴くことをお勧めします。
そして、できるなら、戦場体験者の方には、もっと広く、祖父母の話を聞いたことのないたくさんの「孫たち」にお話をしていただきたいのです。
今、同じ時代を生きている間に。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1387-9462c118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック