FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
そろそろ通常運営に戻るべし、と思いつつ、「百人展PART2」を引っ張っています。今週いっぱいぐらいはそれでもよいでしょうか。

「百人展PART2」は、「やるか!?」と言いだしてから半年足らずで決行という、かなりの急展開でした。
思えば、キャラバンにしても、わりとそういう感じだった気はしますが。
会場が取れると同時に日程が確定し、「やるぞ!」むしろ「やるしかない」となってから約4カ月、間に総会やキャラバンを入れながら、それぞれ準備する日々でした。
直前ごろは、史料館に合宿状態になっていたメンバーもいるようです。

そうしてなんとか間に合わせた展示物。
あるメンバーは、「やることは全てやった」と心から満足して当日を迎えました。それゆえに、その「作品」を展示する機会をまた持ちたいと考えているようです。
しかし、ほとんどのメンバーは、時間切れ感が強く、反省することしきり。当日も日々ちまちまと直していましたが、それでも、自分の描く完成形に届かなかった場合が多いようです。

私も後者の最たる例でした。
結局最後まで、イメージはあるものの、明確な完成形が決まらなかったぐらいです。単純な時間切れとそれに付随する材料切れでできなかったこともありました。
個人的には、展示でやろうと思っていたことは、これから完成させようと思っています。

そういうそれぞれの思惑もあり、「次の機会」というものを、わりと本気で考え初めています。
首都圏以外での開催、ということと併せて、いつまた急展開があるかわからないので、やり残したことは本当に早くやらねば、と思います。
準備段階である程度潔くものを買ったのは正解だったでしょう。他に、材料を見て回る時間が少しはありそうなのでほっとしています。
まあ、日ごろから証言概要をどんどんまとめていれば慌てずに済むということもあるわけで、自分の活動の形を振り返って組み直すのも必要かもしれません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1375-4effcbbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック