FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「オキナワを歩く」3日目は、玉城~平和祈念公園~ひめゆり平和祈念資料館~荒崎海岸というコース。途中、慰霊塔巡礼をしながらの約13㎞でした。

結果的に、去年のキャラバンの際訪れた場所中心ですが、アブチラガマからの撤退ルートを歩いて体感しながらということになりました。

平和の礎では、広島の戦没者の碑の前で慰霊の際は、ご遺族の渡辺さんがしきりにお父様の名前をなぞられていたのが胸に迫りました。

ひめゆり関係は、撮影禁止のため、むしろ落ち着いてお話を伺うことができました。
昨日訪れたアブチラガマで実際に目にされたことのお話は、全身全霊というかんじの熱弁でした。

各女子学徒隊の慰霊塔、魂魄の塔、ひろしまの塔を回っての巡礼から荒崎海岸へ。
ここで積徳学徒隊だった名城文子さんのお話を伺いました。
波の音が響く中、ご家族がなくなって一人だけ生き残ったことなど話されました。
証言の前後はいつも眠れなくなるとのこと。一方で、海岸を歩いて線香を上げられるのも、思いの強さなのだと感じました。

報告は今日もこれにて。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1223-9ed3555e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック