FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
今日は朝7時から、ひたすら歩くこと合計約18㎞でした。
与座岳から八重瀬岳と、緩めの勾配が続きます。日差しも強く、結構厳しい行程でした。

与座岳の歩兵89連隊終焉の地で、ご遺族の渡辺さんのお話わ伺い、壕の前まで。壕は立ち入り禁止となっており、外で黙祷。
広島経済大学の学生さんたちが慰霊塔を磨いて進みます。

八重瀬岳では、白梅学徒の中山きくさんのお話。
看護教育を中断し、手術場壕に配属された様子等お話しいただきました。
この壕も崩れてきているため、近くに寄れるのは今年までかもしれないとのことです。

この途中、昨夜充電したはずの携帯がいきなりバッテリー切れ。
たまにあったことですが、よりによって今日やるか?という。
それで、これ以降、写真が撮れない状況に。

中山きくさんには、次のヌヌマチガマの案内板前でもお話いただきました。

最後は糸数アブチラガマへ。
だいぶ早く着き、予約時間までしっかり休憩。休憩終わりごろ、この壕の体験者のビデオが途中まで流れたので、ガマに入ってからの説明がより身に迫って感じられました。
ここは撮影できなかったので、写真等はありません。携帯では写らないくらい暗くもありました。

集団行動中につき、宿で復活した携帯からの簡単な報告で失礼します。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1222-dbe223b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック