FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。

私事ですが、帰省中です。
今回は、ついでに聞き取りを入れるということもしなかったので、旅の報告は本来ないのですが。
地元の忠霊塔に近寄ってみました。
塔は学校の敷地にあり、終戦の日前後には戦没者慰霊の剣道大会が行われるわりに、この塔に近づくことはこれまでありませんでした。

塔の両側のプレートには、戦没者の名前が、戦地、戦死の日とともに刻まれています。
もともとは小さな村ですが、中国、フィリピン、硫黄島、沖縄等、戦死地は多岐に亘っていました。
一般の兵隊が多い中、一番高い階級は海軍大佐。沖縄で亡くなった内村虎雄氏の名前がありました。

祖父を含め帰還した元兵士が清掃等続けていたそうですが、長い年月の間に相次いで亡くなったため、途絶えてしまったと聞きました。
しかし、周辺は草が切られていて、地域の人による手入れはされているようです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/1088-cbb804c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック