FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
先日八重洲ブックセンターで開催した「沖縄の戦争展」で、空いた時間を使って女子学徒隊の証言映像を上映しました。
どうまとめたものか考えていましたが、最終的に落ち着いた形を報告しておきます。
初日は、機材セッティングがうまくいかず、40分遅れでスタート。座談会の直前までやっていました。
一応、5月の証言映像を使った茶話会で使った宮城巳知子さんの映像を中心に、茶話会で出た質問に関係しているような部分を、他の女子学徒の方の証言から補足した形です。
当日配布資料はA3片面だったので、もう少し背景部分の資料をつけたり、それぞれの証言に、所属部隊の状況を加えたりということも考えられるかなと思います。

◆◆◆

女子学徒隊証言映像集 約72分

6月22日、23日両日午前上映。上映時間はだいたいの目安です。

宮城巳知子さん:瑞泉学徒隊=首里高等女学校。62師団野戦病院に配属。
稲福マサさん:梯梧学徒隊=昭和高等女学校。62師団野戦病院に配属。
中山きくさん:白梅学徒隊=県立第二高等女学校。24師団第1野戦病院に配属。
仲里ハルさん:積徳(ふじ)学徒隊:積徳高等女学校。24師団第2野戦病院に配属。
※各学徒隊の呼称は、戦後になってつけられたもの。

10:30~10:39 8分45秒
〇最前線の分室壕(浦添市仲間・仲間分室で壕の拡張作業)
瑞泉学徒隊 宮城巳知子さん

62師団野戦病院に配属された瑞泉学徒隊のうち、中部出身者8名が、浦添仲間分室に派遣された。
主に分室壕の拡張作業をしていたが、最前線にほど近いこの場所は長くはもたなかった。

10:39~10:48 8分31秒
〇野戦病院での看護1(八重瀬町富盛・手術場壕で手術の手伝い)  
白梅学徒隊 中山きくさん

八重瀬町富盛の24師団第1野戦病院で、中山さんは、最も重傷の患者が来る手術場に配属されていた。両手に1本ずつ太いロウソクを持ち、切断や切開を行う軍医の手元を照らす。

10:48~10:55 7分02秒
〇野戦病院での看護2(南風原町新川・ナゲーラ壕の様子)
瑞泉学徒隊 宮城巳知子さん

中部戦線が激化する中、仲間分室からナゲーラ壕に戻ると、そこは負傷兵であふれていた。水も食料も薬もない、攻撃で外にも出られないその場所を、宮城さんは「地獄」と呼んだ。

10:55~11:10 14分41秒
〇学友の犠牲(那覇市識名・識名壕、糸満市真壁付近のガマ)
梯梧学徒隊 稲福マサさん

62師団野戦病院の識名分室で、いつも稲福さんと行動を共にしていた学友2人が亡くなった。
南部に撤退後も、何度も死に瀕し、そこで重傷を負った学友を置いて移動することもあった。

11:10~11:18 8分07秒
〇南部への撤退(那覇市識名・識名壕で重傷患者への注射を命じられる)
瑞泉学徒隊 宮城巳知子さん

南部への撤退の途中立ち寄った識名分室で、瑞泉学徒隊は、重傷患者への注射を命じられる。モルヒネによる殺害だった。宮城さんは怖くて注射ができず、結果としてその患者は生還する。

11:18~11:27 9分24秒
〇解散命令~南部彷徨1(野戦病院の解散。それまで白梅学徒隊は犠牲者0だったが・・・)
白梅学徒隊 中山きくさん

一番南にあった24師団第1野戦病院は、6月4日、南部撤退ではなく、いきなり解散となる。ここでも重傷患者の処置があった。学徒隊は散り散りになり、爆撃と艦砲射撃の中をさまよう。

11:27~11:35 7分37秒
〇解散命令~南部彷徨2(糸満市米須で野戦病院の解散。行き場をなくし戻った壕で馬乗り攻撃に遭う)
瑞泉学徒隊 宮城巳知子さん

南部の米須に移った62師団野戦病院も解散となる。どうやって死のうと考えながらもとの壕に戻っていたところを馬乗り攻撃に遭い、黄燐弾を投げられ苦しくて壕を出たところで米兵に捕まる。

11:35~11:43 7分50秒
〇解散命令~南部彷徨3(糸満市糸洲。「生きろ」との最後の訓示を受けた積徳学徒隊の数少ない犠牲者)
積徳(ふじ)学徒隊 仲里ハルさん

24師団第2野戦病院は、豊見城から糸洲に移動。隊長は学徒隊に自決を禁じ、解散のときも生き延びるようにと訓示をする。解散後最初にガマを出た仲里さんたち3人だけが、戦闘に巻き込まれた。
スポンサーサイト



5月の茶話会、6月の「沖縄の戦争展」で、証言映像と使った茶話会(座談会)を試みました。
思ったよりたくさんの方に関心を持って参加していただきました。
これも、今後、展示や通常の茶話会に続いて、いろいろなところで展開する企画となっていく可能性が出てきました。

8月に千葉県野田市で開催される「平和のための戦争展」で、同様の企画についての協力依頼が、保存の会事務局に来てているようです。
保存の会としては、野田であれば、通常の茶話会も開催可能とみていたため、そちらをお薦めしていたのですが、野田のほうは証言映像を使った茶話会のほうに興味を持たれているようです。

この企画は、証言映像をほぼほぼ文字起こしし、映像のどこからどこまでを1つの塊としてテーマをつけるか考えるという前準備が必要な上、当日の運営もスタッフ1~2名が司会・パソコンの操作などにつきっきりになりつつ仕切っていく必要があるため、実施する側としては難易度が高いのです。
しかし、やってみたいという需要があるようなら、できる限りお応えしていくことになるはずで。

ゆくゆくは、希望の映像を提供して、使用する先の方でその先の作業をしていただき、フィードバックしていただくことで、もっとたくさんの人がかかわる形でメニューを増やしていければ理想的かなと思われます。
先日、八重洲ブックセンターで開催した「沖縄の戦争展」では、書店でのイベントならではのことがありました。
来場者の中に、沖縄戦体験者の方がいらっしゃったのですが。
孤児たちのコーナーを見ながら、自分もこんなかんじで過ごしていたとしみじみされており。
孫たちに体験を話して聞かせるのに、こういう、沖縄戦の孤児などの写真集がほしいのだけれど、つくっていないだろうか?とのご質問がありました。有料でもいいんだけど、と。
展示に使用しているのは、沖縄県公文書館や那覇市歴史資料館に申請して展示のために使わせていただいているもので、それを保存の会が写真集にするなどということは無理です。有料などはもってのほか。
しかし、有料でいいのであれば、普通に売っている写真集が買えればよいのでは?と思いました。
故・大田昌秀さんが出された写真集に、確か孤児の写真も出ているはず。
幸いにして、ここは日本有数の書店。
ということで、ネットでその本の情報を出して、会場そばのカウンターの店員さんに在庫を見ていただきました。
数年前の本だけど大丈夫か?と思いましたが、ちゃんと在庫ありました。棚番号まで教えてもらいました。
それで、その方が帰られるときに、一緒にその棚まで行きました。
ご希望に合っていたようで、喜んでおられました。

保存の会の若手に先駆けてiPADを使いこなされていたような体験者の方もいらっしゃいますが、体験者世代の方は、ネットで本を注文して、などというのはハードルが高いのが普通です。
そういう場合、イベント会場が書店だと、その足で関連書籍を買って帰れるので、とても便利です。
今回のイベントは、そういう面でもとても恵まれていました。
おかげさまで満員御礼だったので、結果的にはステージイベントをするには手狭でしたが、またこういう形のイベントができたらいいと思います。
ひきつづき、外部イベントのお知らせです。
ピースあいちでも沖縄戦をテーマにした展示が行われています。
6月は沖縄の平和月間です。その1ヶ月をまるっと含んで開催されていました。
お知らせしそびれたため、残りの会期は1週間ほどになりました。関連イベントもあったのに、すみません。

沖縄展「沖縄戦と子どもたち」
【会期】5月21日(火)~7月6日(土)
【場所】ピースあいち3階展示室
【入場料】入館料のみ(大人300円、中高生100円)

辺野古写真展「辺野古のたたかい~本土では見えないほんとうの姿~」
【会期】5月21日(火)~7月6日(土)
【場所】ピースあいち2階プチギャラリー
【入場料】入館料のみ(大人300円、中高生100円)

なお、次の企画展は、以下です。
7月16日(火)~9月1日(日)
〇15歳の語り継ぐ戦争―金城学院中学生の平和新聞
〇「水木しげるの戦争と新聞報道」

ピースあいち
http://www.peace-aichi.com/
外部イベントのお知らせです。
沖縄慰霊の日の6月23日から、東京大空襲・戦災資料センターでも、沖縄戦に関する催しが始まっています。

遺品が語る沖縄戦

【会期】6月23日(日)~7月21日(日)(月・火は休館)
 時間:12:00~16:00
【会場】東京大空襲・戦災資料センター
【入場料】センター入館料のみ(一般300円、中高生200円、小学生以下無料)

沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会が作成した展示会の巡回展です。

会期最後の土日には、パネルディスカッションを開催。

〇7月20日(土)16:00~18:00
テーマ
 「戦争非体験世代による戦争体験継承の方途と課題」
パネラー
 伊藤かおる氏(TRECKTRECK代表)
 岡村幸宣氏(丸木美術館学芸員)
 早川則男氏(中村高等学校、地理歴史・公民科教員)
〇7月21日(日)14:00~16:30
テーマ
 「沖縄問題の当事者としての本土とその責任」
パネラー
 米須清真氏(小金井市で「新しい提案」に基づく請願運動を実現)
 高橋哲哉氏(東大教授、哲学)
 柳川たづ江氏(父の沖縄戦体験の語り継ぎに取り組む女性)
両日とも、コーディネーターは、西尾慧吾さん(沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会 学生共同代表、Yale大学)

お問い合わせ
東京大空襲・戦災資料センター
03-5857-5631
https://tokyo-sensai.net/