FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
本日夕方、予定通り、保存の会メンバー1名、沖縄へ出発しました。
結局まだ聞き取りの調整はついていないということで、ひとまず慶良間諸島を訪問することになっています。
明日、座間味島と阿嘉島を、明後日渡嘉敷島を回ります。
回る中で、聞き取りができれば幸運というくらいのかんじです。
できなくても、後で本格的なキャラバンをやるときの足掛かりをつくることにはなると思われます。
船に乗ることが必要な旅ですので、まずは、天候に恵まれることを願います。
沖縄へのまとまったキャラバンは、ひとまず5月後半という方向になりましたが、メンバー1名、渡嘉敷島の慰霊祭には予定通り向かうことになっています。
そして、少し前に裁判の前後で聞き取りをさせていただいた沖縄の方にご協力をお願いして、阿嘉島の体験を伺えるように動き始めました。
今回聞き取りができるかどうかはまだわかりませんが、ひとまず、阿嘉島と座間味島を回ることを考えています。
どういうところなのか見ておくという意味もあります。先日聞き取りをした内容を浮かべながら回ってくることになるのでしょう。
今、現地の方に相談しているところです。
まだ状況がはっきりしませんが、予定通りなら明日の夜には、メンバーは沖縄入りです。
引き続き続報を待ちたいと思います。
本来は昨日書くべきだったのでしょうが。
1945年3月23日、沖縄戦に先駆けた、米軍の本格的な沖縄空襲が始まりました。
このとき、沖縄県内の中学校・女学校の学徒隊が、軍の中に入り、戦場に駆り出されていきました
そこから、6月23日(今は22日のこととされていますが)牛島満中将、長勇中将の自決により、組織的戦闘が終わるまで、ちょうど3ヶ月、沖縄は激戦にさらされることになりました。
その後も沖縄の各地で戦いは9月まで続きます。
そして、今なお解決しない様々な問題を抱えることになります。

こうしてみると、「23日」というのは、沖縄戦の組織的戦闘の始まりと終わりにあたります。
前に書いたことがあるかどうか記憶が定かでありませんが、慰霊の日6月23日と12月23日はちょうど半年違いです。
12月23日は、現在の天皇誕生日です。今年は年号が変わり、平日ということになるようですが。
そして、次の元号の天皇誕生日は2月23日になります。今年はまだ平成なので、祝日ではありませんでした。
今年は天皇誕生日がないのだな、というのと同時に、どこまでも偶然ですが、23日という日付が気になりました。

戦争においては、ある日付を狙って作戦が行われることも少なくないようです。
ちょうど何ヶ月後に、という形もあります。
極東裁判にも、12月23日という日付が関わっています。
新しい元号の時代に、23日が新しい戦争の作戦に関わる日付となる、といったことがないように願います。
同時に、例えば23日には、あの大戦の激戦の1つを振り返る、というのも1つなのかもしれないと思います。

というのを、24日になって書いているようでは、あんまり説得力がありませんが・・・
そろそろ2019年の沖縄キャラバン、という予定だったところですが。
現時点でまだ調整がついていません。
「沖縄・民間戦争被害者の会」は、上告を行ったばかりで、体験者の方の紹介という状況ではないようです。
島を回る話は別のつてですが、具体化はしていないようです。
メインのメンバーによると、3月28日、渡嘉敷島の慰霊祭には行くのではないかということです。

2019年の沖縄キャラバンは、沖縄の状況が落ち着く5月ごろに行う可能性が出てきました。
ゴールデンウイークは茶話会があるので、キャラバンをやるとしたら5月後半です。
6月に沖縄戦展なので、もしかしたら、打ち合わせなどが含まれた日程になるかもしれません。

ひとまず、3月は、まとまった人数で行くことはない見込みとなりましたが、続報を待ちたいと思います。
3月10日に行いました総会の報告詳細です。
2019年度の予定から先に書きます。

2019年度の活動計画
4.その他
史料館つうしん
保存の会会報『戦場体験史料館つうしん』は、5月、9月、12~1月の3回発行を計画しています。
イベントの前後がめどになります。
イベントの報告、次回の案内、直近のキャラバンの様子などの報告がメインになると思われます。

交歓会
この総会の後、交歓会を行いました。