FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
明日、福岡高裁那覇支部にて、南洋戦国賠訴訟の口頭陳述があります。
6人の体験者の方が、原告として陳述されます。
当初は9人の予定だったのが、調整されたようです。
陳述されるのは、以下の方々です。

○島袋弘さん 戸籍上1935(昭和10)年2月3日生、実際には1936(昭和11)年11月
サイパン
投降の際、父は米兵に射殺される
母はこの時の負傷がもとで破傷風で死亡、3歳の妹は栄養失調で死亡
弟とそれぞれ別の親戚の家で育つ
(同じ集落なので兄弟の交流はあり親戚も有力者で環境は悪くなかった)

●祖堅秀子さん 1938(昭和13)年8月10日生 サイパン
両親と4人の兄姉妹が死亡、兄姉本人の3名が生き残る
本人はバンザイクリフまで行ったが生還
長兄(敗戦時成人)の元で育つ

○國吉眞一さん 1930(昭和5)年6月9日生 テニアン
父は現地召集で戦死、母、弟2名、妹が艦砲射撃で亡くなる
2人の弟たちと伯父の家で育つが、3人で世話になるのは気が引け
18歳で家を出る
艦砲射撃の破片が足に入っていたのが悪化して動かなくなり
定職に就けず、一時は車椅子生活に(今は人工関節で動ける)

○喜瀬光子さん 昭和9年10月11日生 テニアン
弟が生後3ヶ月で泣くため壕から出たとたん艦砲射撃に直撃される
両親、妹2名、弟がここでいなくなっているが
飛ばされてしまったのか、自分も意識を失ったのか遺体は見ていない
顔も知らない親戚をたらい回し。13~14歳の頃
入れて下さいと孤児院に1人で行ったが親族がいるからと断られる
家を出て食堂での住み込み、18歳からは軍作業に出るが
身体が弱く鬱病も患い入退院も繰り返す

○瑞慶山シズさん 1938(昭和13)年8月8日生 ミンダナオ
父は軍の奉仕作業に出て病死(米軍攻撃前)
母は砲弾を受け即死、五女は栄養失調死
三女は逃避行中に行方不明
長女、次女(本人)、四女が帰国
叔母の家で育つ

●阿良光雄さん 1938(昭和13)年3月17日生 パラオ
パラオからの疎開船が2回撃沈され、姉と弟が死亡
母と本人は負傷
パラオで現地召集された次兄(14歳)はペリリュー島で戦死するが
戦死通告もない。同じく現地召集された父と長兄は復員


今回の陳述が終わると、次回は結審となりますので、今回が山場ということになります。
これだけの方のお話が聞ける機会はもうありませんので、関心があって那覇まで行ける方は傍聴されることをお勧めします。
スポンサーサイト
日ごろからお世話になっています、毎日新聞の栗原記者より、イベントの案内が来ました。

戦争と一橋生
第49回一橋祭


【日時】
 2018年11月23日(金・祝)~25日(日)
【場所】
 一橋大学(国立キャンパス)

■展示「沖縄で逝った10名の学友たち」
11月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~16:00
西講義棟1階・談話スペース(西側)

■戦跡を巡るキャンパス・ツアー
11月24日(土)・25日(日) 14:30~15:30
集合場所:西講義棟1階・談話スペース(西側)

■講演会「未完の戦争 沖縄、硫黄島と特攻」
西講義棟3階・301教室
講師:栗原俊雄氏(毎日新聞学芸部記者)

一橋いしぶみの会
協力:一橋新聞部
昨日は、保存の会事務局メンバーは、千葉に出かけていたようです。
9月に開催したモノの展示会が朝日新聞に掲載された関係で、ヤシの実をご寄贈いただけるというお話が来たためです。

朝日新聞の記事は、展示されたものと、失われてしまい展示できなかったものとの対比のような内容でした。
ヤシの実の器も、持ち帰られた体験者の方が亡くなった後ご家族により捨てられてしまい、展示することができなかったものの1つでした。
その記事をご覧になり、「ヤシの実ならうちにもあるよ」ということでご連絡をくださった方がいらっしゃったので、昨日受け取りに行ってきたというわけです。

モノの展示会を行い、それが報道されたことで、こういうものでもほしがっているところがある、というのが全国に伝わったと思います。
新聞などは、時間が経ってからたまたま目にされて、ということもあり得るので、まだ新しい出会いをもたらしてくれることもあるかもしれません。

寄贈していただけるということになれば、やはり遠くても出かけていくのが保存の会です。
この間は、毛布をいただきに静岡に行っていますので。

戦地を、体験者の方とともに旅したモノが、その物語を秘めてまた旅をして保存の会までやってくるのは感慨深いものがあります。

よくわからないけれども、おじいちゃんが戦争のときに持っていたらしいもの、などがありましたら、ぜひご連絡いただきたいと思います。
ピーススフィア関東 講演&朗読会に行ってきました。
少し遅れて着いたので、朗読の途中でした。
実際に絵本になっているものや、絵本仕立てで写真などを配したものなど、スクリーンに映し出しながらの朗読。
状況がわかりやすく、入っていきやすいと思いました。
直接的な描写ではないところも、入りやすさの1つかもしれません。

鶴文乃さんの講演で、「忘れられた被爆地長崎」として、海外での例が出てきました。
フランスに「ヒロシマ橋」というのがある、ということ自体、初めて聞く身としてはおどろきでしたが、長崎のものは少ないというのには、世界中でそうなのか?とショックを受けました。
大統領も広島だけに来たりしますので、前々からなんとなく感じてはいましたが。
最初の原爆ではないからなのか、であれば、長崎を最後にしよう、というところには、そのまま共感しました。それも、普段から思うところですので。

朗読の中で、山里小学校のあるクラスの話があったのと併せ、原爆孤児の話がありました。
孤児院ではなく、学校の1クラス全員が原爆孤児ということもある状況。
孤児院での教育についてなど、実際に話を聞かなければわからないことだと思います。
孤児院出身の方々の証言を得ようとしたとき、これまでの差別を思って応えない人のほうが多かったということも。
保存の会が沖縄の孤児の実態に触れる機会が増えている時期なので、この辺りは非常に気になる話でした。
故永井隆博士の2人のお子さんたちも孤児になったけれども、博士の弟さんがめんどうをみて大学まで出しているということでしたが、これは稀有な例で、ほとんどの親戚は相手にしてくれないものだというのは、いずこも同じのようです。
鶴さんも、お父さんを亡くして母子家庭で、それを実感されたそうです。

一方で、絵本「ところてんの歌」の中に、亡くなった主人公を祀ったお地蔵さんにお参りする、戦地から帰った父親が登場します。
こういう、軍隊に行き、長崎を離れていたために生き残り、帰ってきたら家族も家も全て失っていたという人がけっこういて、その多くが自殺をしたり、心を病んだりしているようだということです。
長崎で戦場体験者を探すのが難しいのは、原爆の被害が大きいため、戦地にいた人が語りづらい状況があるのかと思っていましたが、こういう、とても語れないという事情もあるのだろうと思いました。

鶴さんは、8月9日11:02に、鐘を鳴らそうという運動を進められています。
お寺などではなくても、個人でも鳴り物を鳴らすなど、一人一人が動くことを呼びかけられています。
長崎を(戦争における)最後の被爆地に、という思いと共に、広げていきたいものです。
直前になりましたので、改めて外部イベントのお知らせです。
明日10月28日(日)にピーススフィア関東のイベントがあります。

ピーススフィア関東 講演&朗読会
「記憶・・・私は忘れない」

【日時】
10月28日(日)13:30~

【場所】
文京シビックセンター 5階 会議室C
 東京都文京区春日1-16-21

【入場無料】

朗読
「ところてんの歌」 作:鶴文乃 作画:はしもとわたん
「ながさきアンジェラスのかね」 分:中井俊己 絵:おむらまりこ

講演
「忘れ去られた被爆地、長崎からのメッセージ」
講師:鶴文乃

【お問い合わせ】
ナガサキピーススフィア貝の火運動(ナガサキピースミュージアム)
095-818-4247