FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
保存の会会報『戦場体験史料館つうしん』の号外の発送が始まりました。
9月15日(土)~17日(月・祝)に開催の「戦場体験者と出会える茶話会&戦場体験者が遺す証言とモノの展示会」のお知らせを、とにかく急ぐため、通常版ではなく号外という形になりました。
とはいえ、沖縄でのイベントと長崎で開催中の「戦場体験聞き取りキャラバン報告展」についての報告は入っています。

「戦場体験者と出会える茶話会&戦場体験者が遺す証言とモノの展示会」のチラシを同封するとともに、号外裏面で現時点での茶話会参加予定の体験者の方を紹介しています。
現在33人。
茶話会でお話をしていただける方は、まだ募集しています。
どの方がいつ参加されるかについては、調整がつき次第、ネットにてお知らせします。
基本的には、「戦場体験史料館・電子版」または保存の会公式twitterからの公式情報を参照いただくことになりますが、当ブログでももちろんお知らせします。

まずは、号外とチラシがお手元に届くのをお待ちください。
緩いタイトルですが。
今日のイベント、「99歳が語るニューギニア戦」を担当したメンバーからは、いいかんじだったという電話が入ってきています。

お客さんはちょうどみっちりいっぱいになるぐらいの40~50人ほど。
年齢層はやや高めながら、若い人もちらほら。
お話ししてくださる中野さんのご家族、親戚の方もお集まりになっていて、そういう意味でもいい感じだったようです。
ニューギニア戦のご遺族の方々も数名。遺骨収集をされている方は、質疑応答に熱く参加してくださったとのこと。
また、中野さんとは別の部隊だった方も、中野さんのお誘いでいらっしゃっており、15分ほどご自身のお話もされたそうです。
ナガサキピースミュージアムの増川専務理事にもご挨拶いただきました。

中野さんのお話は、当初丁寧すぎて時間が足りなくなるのでは、と、進行メンバーは感じたものの、全てが後の話につながっていて、とてもよくまとまっていたようです。
時間的にもちょうどよく。
30分ほどの質疑応答の時間も盛り上がっていて、かなり成功裏に終わったのではないかということでした。

打ち合わせとその帰りの聞き取りの中で、急きょ決まったイベントでしたが、主に本当にお元気で記憶がすばらしいご本人のおかげで、よい結果となったようです。
という速報でした。
新聞社も入っていたそうですので、記事になるようならまた紹介したいと思います。
直前告知です。
ナガサキピースミュージアムで開催中、戦場体験聞き取りキャラバン報告展の関連企画として、明日8月25日(土)、トークイベント「99歳が語るニューギニア戦」が行われます。


「99歳が語るニューギニア戦」
お話:中野清香さん(99歳11か月、長崎県長与町)
日時:8月25日(土)13:30~15:00
場所:ナガサキピースミュージアム
入館無料

小さなミュージアムで、けっこうすぐにいっぱいになるかもしれません。
そのときは、扉を開放して外にまで客席が広がるかも?
お気軽にお越しください。

また、土日は保存の会メンバーが会場にいます。
展示や保存の会に関するご質問等あれば直接どうぞ。


「戦場体験聞き取りキャラバン報告展」
期間:8月14日(火)~9月9日(日)
場所:ナガサキピースミュージアム
本日、シベリアデーでした。
今年も千鳥ヶ淵とその周辺で、戦後73年・第16回シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集いが行われています。
収容所でつくられた音楽が演奏される、音楽の集いもあったようです。
『アングレン歌曲集』というのが、今年亡くなった池田幸一さんのいらっしゃった収容所でつくられたものということで、池田幸一さんを偲ぶ意味もあっての企画のようです。

猪熊得郎さんにつづき、この集会の中心的な立場にいらっしゃった池田幸一さんも亡くなられた中で催されました。
国の主導で、ということも訴えられてきたのですが、今後はどのように続けられていくのでしょうか。
終戦後に起こった抑留による悲劇を伝え続ける集いも、当事者の参加が難しくなっていくのかもしれません。
関心を持ってどう支えていくかが問われているともいえるのでしょう。
8月は拡大事務局会議はお休みです。
今度の会議は9月1日(土)です。
すでに事務局からメールが回っていますので、転載します。

◆◆◆

事務局の人間が交代で長崎入りしていることもあり、8月は定例会議をお休みさせていただきます。

代わって次回の拡大事務局会議は9月1日に開催します。
【日時】9月1日(土)13時半~ 2時間程度
【会場】戦場体験放映保存の会 事務所

【議題】「戦場体験聞き取りキャラバン報告展」(長崎)の途中報告
    浅草での茶話会と展示会について
 浅草茶話会の話し手は現時点ですでに34名。
 前回に比べ東京大空襲など若い?世代の語り手が増えていることもありますが元兵士世代も少しずついろいろなことが大変になりながらもよく頑張ってくださっています。
 まだ交渉中の方たちも少なからずおられるので、これからもう少し増えると思います。

 会議までにはおおよその時間割が用意できると思います。
 それをもとに役割分担、運営方法のご相談をします

【スタッフ募集、作業日】
会議はもちろんではありますが、9月は15~17日(14日が準備日)が浅草公会堂での茶話会なのでそちらへのご参加を優先ください。
スタッフとして参加できる方は日程をご連絡ください。

また当日車で体験者の送迎に当たっていただける方を募集しています!
レンタカーを会で借りてという形でも構いません。
そのほかガソリン代、カーシェアーなど実費はお支払いいたします。

8月23日(木)、25日(土)は事務所でチラシなどの発送作業があります。
(26日まで行っている可能性もあります)
お手伝いいただける方は宜しくお願いいたします。