あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
保存の会公式HP「戦場体験史料館・電子版」に、「戦場体験者と出会える茶話会」in仙台の告知が出ました。
一応、そちらが公式の告知となります。
今後の予定も出ていますので、お近くの方も心の準備をぜひ。

◆◆◆

茶話会2017仙台 表 茶話会2017仙台 裏

戦場体験者と出会える茶話会(仙台)

日程:2017年8月11日(金)~13日(日)
会場:エルパーク仙台・ギャラリーホール
(141ビル[仙台三越定禅寺通り館]6F)【入場無料】

 
【茶話会】戦場体験者と出会える茶話会(カフェ)  
時間: 10時~16時  
主に東北地方在住の戦場体験者12名(予定)が会場に集まり、皆様方をお待ちしています。  
※各回1時間程度、途中の出入りは自由です  
※午前1回・午後2回(13時~、14時半~)を予定。場合により多少前後します  

画像をクリックすると別窓で大きく表示されます
 茶話会チラシ  
参加予定の体験者  
・仙台空襲  
・中国 衛生兵  
・中国 歩兵  
・陸軍 主計兵  
・陸軍 特攻  
・満州 鉄道兵  
・シベリア抑留  
・満州 戦車への爆雷特攻  
・占守島 少年戦車兵  
・ラバウル 整備兵  
・空母翔鶴 整備兵  
・隼操縦士  
※誰がどの日に参加するかは数日中に公開します  
※または事務局までお問い合わせください
 
【展 示】戦場体験キャラバン展  
時間: 10時~17時  
未曾有の総力戦であったあの戦場から生還した軍人軍属・民間人による、見たまま聞いたままの体験談をパネル展示します。戦争の実態を個人の体験を通じて知り、あの戦争について考える機会にしたいと願っています。  
 
 
【今後の予定】9月福岡・10月大阪・11月東京  
今年は各都市で茶話会を開催します。奮ってご参加ください。  
また、茶話会は誰でも気軽に開催し参加できる「対話形式」の語り継ぎのイベントです。ウチでもやってみたい、という方はお気軽に見にいらして下さい。(体験者紹介や運営方法などなんでもご相談ください)  
 
◆9月9日(土)~10日(日) 福岡市  
ふくふくプラザ(福岡市市民福祉プラザ)交流ひろば  
 
◆10月8日(日)~9日(月・祝) 大阪市  
アートエリアB1(京阪電鉄・なにわ橋駅付属施設)  
 
◆11月24日(金)~26日(日) 東京・浅草  
浅草公会堂 展示ホール  

【主催】
戦場体験放映保存の会
http://www.jvvap.jp/
スポンサーサイト
今年も、ノンフィクションライター城戸久枝さんの新潮講座があります。
城戸さんには、昨年の中之島証言集会第2部シンポジウムのパネリストを務めていただくなど、保存の会も大変お世話になっています。

中国残留孤児だったお父様の体験を取材し、『あの戦争から遠く離れて』などの本にまとめられた城戸さんが、これから戦争の話に向かい合おうとする人へ向けて送られるアドバイス。
昨年より、もう少し体系的で実践的なところに踏み込んだ内容のようです。

新潮講座
「戦争の記憶を継承する方法
 ~あの戦争を知らない世代による「記録」の仕方~」
講師:城戸久枝(ノンフィクションライター)

【日程】
8月7日(月)、8月21日(月)(全2回)
19:00~20:40(開場は30分前)

【場所】
新潮講座神楽坂教室
 新宿区矢来町109-2 神楽坂ローズビルディング3階

【受講料】
6,480円(税込)  3,240円×2回

【講座内容】
各回の内容】

・取材対象との関係づくり
・自分の立ち位置を考える
・「素材」の集め方
・「素材」の取捨選択
・大事な「年表づくり」
・「身内」を書くということ──『あの戦争から遠く離れて』の場合
・『祖国の選択』や『黒島の女たち』の方法
・TV番組「黒島を忘れない」に見るドキュメンタリーの手法
・「書く」「記録する」「伝える」具体的なやり方

詳細・申し込みは、下記新潮講座のページをご覧ください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01qex7yt5ye4.html
7月も今日を入れてあと3日。
8月は、戦争報道の季節です。

保存の会にも、マスコミや団体からの問い合わせや協力のお願いが来ているようです。
対応しているメンバーによると、昨年より、ちょっと多めに感じるのだとか。
戦後70年の反動とオリンピック開催のために、昨年が少なかったのかもしれませんが。
ここ2日ほど、当ブログもよくわからないアクセス増がありましたが、その関係でしょうか。

協力者として保存の会の名前が出ることは少ないですが、今年も8月の戦争特集のいくつかは、保存の会の協力によるものがあるでしょう。

メンバーとしては、東北のメディアから「戦場体験者と出会える茶話会」への問合せがこないことが心配で。
秋田のほうなど、災害もあるので大変というのもあると思われますが。

2014年の「戦場体験・百人展」では、地元の体験者の方々含め、たくさんの方に足をお運びいただけました。
今回も盛り上げていきたいところです。

とはいいつつ、保存の会公式である「戦場体験史料館・電子版」は、まだ「沖縄の戦争展」が最新記事ですね。いや、むしろそういう問い合わせ対応で手が回ってなかったり?
当ブログも、もうちょっと、連呼した方がよいのでしょうか・・・
福岡での「戦場体験者と出会える茶話会」も、仙台と並行して準備中なので、いろいろ調べています。
戦争関連イベントはなかなか見つけにくいのですが。
一般的な公共施設は、けっこう連携があるようです。

福岡県公民館連合会、というのがあるのですね。
http://www.fukuokaken-kominkan.jp/
全国にもあるのでしょうか?郷土資料館などの連携などは見かけたことがありますが。
また、沖縄などでは、公民館は本当に地域の中心を担っていて、以前のキャラバンでもお世話になっています。

公民館での地域の方々の活動の中にも、戦争の話をしたり、展示をしたりというものがあるのでしょうか。
敬老の集まりはあるのでしょうね。
そういうところとも、つながっていければと思います。
東京とは違う雰囲気になるのかもしれませんが、「戦場体験者と出会える茶話会」、のぞきに来ていただきたいものです。
昨日お知らせしました、『原田要 平和への祈り』ロキシー上映と同時に、信州戦争資料センター「戦時下ノ空気展」第1期もスタートします。
ポスターとチラシが出来上がり、長野県内の全ての高校に発送されたそうです。
若い人たちに見てほしい、ということで奮闘中のこのイベント、映画と併せてぜひ足をお運びください。

「戦時下ノ空気展」

第1期 ゼロ戦パイロットの時代 
【会期】
7月29日―8月12日 
【会場】
長野相生座・ロキシー
 長野市権堂町2255

 2016年に99歳で亡くなられた長野市出身の元ゼロ戦パイロット、原田要さんのドキュメンタリー映画「原田要 平和への祈り」の上映に合わせて、ロビーで映画に出てくる所蔵品を中心に、原田さんの生きた時代の「空気」を伝えます。

信州戦争資料センター
http://sensou184.naganoblog.jp/