あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
2016年度も今日で終わります。
戦後70年で落ち着く気配はかけらもなく、見事に毎年忙しくなる流れの中にあり。明日から始まる2017年度は、さらにハードな日々が予想されます。

沖縄キャラバンに行った時点で、6月の沖縄戦展&茶話会の3か月前だったわけでして。
そこからは、7月に広報しまくって、8月からは毎月各地で茶話会、ということになります。
さすがに、これだけ忙しければこれが最高値だろう、と思うのはきっと甘いのでしょうね。

先日の総会の後の交歓会では、「仙台行くよ」「大阪行くよ」と90代の方々が多数名乗りを上げてくださいました。
一方で、沖縄キャラバンのさなかに届いた訃報もありました。
どうか、体験者の方々と一緒に忙しい日々が、また1年、そしてできる限り長く続きますように。

願いつつの年度末です。
沖縄キャラバンのほぼリアルタイムレポートもいくらか来年度に持ち越しとなります。
総会の報告その他、しばらくは年度の変わり目の雰囲気が漂っていることでしょう。
スポンサーサイト
直前となりましたので、改めて外部イベントのお知らせをします。

2017年 第3回むさしの平和のための戦争展
日中戦争80年 写真が語る侵略戦争
村瀬守保写真展

パネル展
【日時】3月31日午後5時から4月3日午後7時まで
 3月31日(金)17:00~21:00
 4月1日(土)10:00~21:00
 4月2日(日)10:00~21:00
 4月3日(月)10:00~19:00
【会場】武蔵野プレイス1Fギャラリー
入場無料

関連イベント 4Fフォーラム
4月1日(土) 14:00~19:30 映画「陸軍登戸研究所」
  鑑賞券1000円 前売り券800円 高校生以下・障がい者500円
  上映終了後、楠山忠之監督とトーク&ディスカッション
4月2日(日) 14:00~16:30 講演会 南京百人切り訴訟の顛末
  資料代・参加費500円 高校生以下無料
  ゲスト 穂積 剛さん

主催:「むさしの平和のための戦争展」実行委員会
    むさしの科学と戦争研究会
主催Facebook
https://www.facebook.com/musashinoantiwar
昨日3月28日(火)の夜に入ったころ、最後まで沖縄に残っていたメンバーDからメールが届きました。
無事渡嘉敷島から戻り、搭乗を待っているところ、というものでした。
今日は仕事が休めない日だから、帰れなくなると困る、とけっこう本気で心配していましたが、無事船は動いていたようです。

集団自決の慰霊祭への参加の後、自決のあった場所へ案内していただき、その場所を感じてきたということです。
聞き取りは次回、ということになったものの、体験者の方と、だいぶ仲良くなったそうです。
6月の沖縄戦展の前にもう一度伺うことになるのでしょうか。

大所帯、長丁場の沖縄キャラバン2017もこれで終了しました。
これからテープ起こしをしてパネルをつくって、という作業が待っていますが、ひとまず本番は終わりです。
ご協力くださった皆様、大変ありがとうございました。
参加メンバーもお疲れ様でした。
沖縄キャラバン2017、6日目=最終日、3月28日(火)の日程です。

◆◆3月28日(火)◆◆

●メンバーD
訪問地:渡嘉敷村
体験:沖縄戦

渡嘉敷島集団自決の慰霊祭に参加しつつ、お話を伺います。

まだ3人のメンバーが沖縄にいますが、メンバーD以外は自由行動となります。
保存の会公式twitterに、沖縄キャラバン参加メンバーがつぶやいていますので、リアルタイムの様子はそちらでご覧ください。

最終日もよろしくお願いいたします。
沖縄キャラバン2017、5日目、3月27日(月)の日程です。

◆◆3月27日(月)◆◆

●メンバーD
 メンバーF
 メンバーG
午前
訪問地:那覇市
体験:沖縄戦

午後
訪問地:うるま市
体験:南洋戦

残ったメンバー全員そろって動きます。
よろしくお願いいたします。