FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
中之島証言集会まで10日を切って、絶賛カウントダウン中です。
昨年は8月15日までと併せてカウントダウンしていました。今年は、5年に一度のカウントダウンがあるとしたら、75年前の12月8日の太平洋戦争開戦か、70年前の11月3日の日本国憲法公布です。
特に後者は、今年以外にあまりやりそうではないので、できるだけ取り上げています。

70年前の8月は、主に小委員会で審議が続けられていたときで、大きく取り上げるような出来事は少な目です。
なんというか、中之島証言集会を控えた今と似ている気がします。準備やら審議やらに関わっているメンバーにとっては緊張感のある、とても忙しい日々であるのに対し、外に発表できることが意外と少ないという。
芦田修正と国会議員の文民条項のことや、皇室の財産をめぐる案件等、実はこの時期議論は紛糾しています。
首相に申し入れをした議長が越権行為を指摘され、不信任決議を出されて、否決されたものの辞任したりもしています。
そうした紆余曲折を経て、70年前のこの時期、動きがありました。
1946年8月24日、衆議院本会議で、委員会修正案のとおり「帝国憲法改正案」を修正可決され、貴族院に送付されました。
衆議院での主な修正点は、国民主権の原則を明確にしたこと、戦力の不保持を定めた第9条第2項に「前項の目的を達するため」という文言を挿入したこと、生存権の規定を追加したこと、国民の要件、納税の義務、国家賠償、刑事補償について新しい条文を追加したこと、内閣総理大臣を国会議員の中から選び、国務大臣の過半数は国会議員とすると規定したこと、すべての皇室財産は国に属すると規定したことなど。

そして、このとき衆議院本会議で尾崎行雄が行った演説の一節が、今日のタイトルです。
「良い憲法を作ることは容易だが行うことは難しい」
1944年に昭和天皇に対する不敬罪で起訴されながらも、戦後は宮中にも招かれ、自ら新憲法案の構想も行っていました。
1890年の第1回衆議院議員選挙で当選して、明治憲法の時代をずっと国会議員として歩み、日本国憲法の成立にも立ち会うことになる「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる人物の言葉です。

70年前の今日、1946年8月26日には、貴族院本会議に修正「帝国憲法改正案」が上程され、30日まで審議が行われることになります。
同じ日に、金森徳次郎の国体・天皇問題についての説明を批判する発言もありました。宮沢俊義は、ポツダム宣言により「国体」はすでに否定されていたとする立場をとっていました。
今上天皇の生前退位の御意向が取りざたされている今日この頃ですが、日本国憲法成立に向けた時期の「国体」をめぐるすったもんだからちょうど70年ぐらいなのですね。
貴族院でも8月30日の後小委員会での審議が行われ、貴族院本会議で可決するのは10月6日のことです。
中之島証言集会10日前。

昨日信州戦争資料センターの「戦争×デザイン展」のお知らせをしましたが。
すみません、長野からも、中之島証言集会に行きますという、体験者の方からのご連絡をいただいております。
まさか高速バスで?とドキドキしているのですが、どうなのでしょう。

準備している側はけっこう必死のスパートをかけているこの時期、登壇者の方もほぼほぼ決まると、なかなか外の方にお伝えする内容は少なかったりするもので。
現在は当日お話をされる原稿が続々と届いています。
第1稿だけでなく、練り直されたものもあります。5分間という「青少年の主張」並みの時間制限に合わせるという無茶をお願いしていますが、いずれも迫力のある原稿です。

「無色・無償・無名」をモットーにやっている保存の会、お話しいただく内容は、まずは体験者の方それぞれにお任せしています。
体験者の方は、それぞれご自身の主義主張もお持ちなわけですが、それを出されることについてもだいたいお任せです。それぞれの考え方について意見をするようなことはしていません。
ただ、実体験をメインでお話していただくようにというのは、大前提としてお願いしています。「あの戦場体験を語り継ぐ」集まりですので。
「あのエピソードも少し入れませんか?」といったリクエストはすることがあります。
そういうものを踏まえて、実際読んでみてかかる時間を考えて、さらに原稿を練っていただいているわけです。
昨年はみなさん、だいたい当日のぎりぎりまで手を入れてこられていましたので、今回も心の準備はしているのですが、それでもスタッフはハラハラしております。

それぞれの方の戦地・略歴等は、当日配布資料として用意することにしています。
5分間のお話の中で、気になることがあったら、さらにキーワードなどで調べていただけるようにということは考えています。
当日の証言は、本当に限られた時間内ですので、いきなり戦場の場面が展開されることもままあると思いますが、まずはその声を直接じっくり聞いていただきたいと思います。
外部イベントのお知らせです。
ちょっと前長野空襲の日にも書きましたが、信州戦争資料センター主催の「戦争×デザイン展」の詳細が出ました。
9月2日(金)~4日(日)に開催。
中之島証言集会と最終日の日程が被っていますが、長野近辺の方はこのイベントにもぜひお立ち寄りください。

戦争×デザイン展

【日程】
9月2日(金) 14:00~18:00
9月3日(土) 10:00~18:00
9月4日(日) 10:00~15:00

【会場】
ギャラリー花蔵
 長野市東町147
 http://toposnet.com/exhibitions/hanagura-topos/gallery-hanagura/

【入場無料】

図録の販売あり。
※昨年の「信州と戦争の時代展」の図録、実物資料付き特別版もあり。

戦時中のポスターや新聞・チラシ等の展示と併せ、現在、第一線で活躍中の長野県のデザイナーさんに協力を得て、そのデザインの狙いや技法、はたまた面白さまで、分析してもらおうということで座談会を開催し、その様子も展示されているそうです。
参加されたデザイナーさんたちは9月4日に会場にいらっしゃるとのこと。

展示品の一例や詳しい内容などは、主催者サイトをご覧ください。

信州戦争資料センターブログ
http://sensou184.naganoblog.jp/
今日8月23日はシベリアデーです。
1945年8月23日に、ソ連のスターリンが、旧日本軍の将兵を強制労働のために自国に連れ去るという秘密指令を出しました。シベリア抑留の始まりを象徴する日です。
この日に、抑留者の方やご遺族が細々と始めた千鳥ヶ淵墓苑での集いは、今年で14回目を迎えました。
昨年はお知らせ記事を書きましたが、その年の集いの正確な情報をネットから拾うのはけっこう大変でした。
今年は、なぜかこの日がもう周知のものであるような気がしていて、お知らせしそびれた面もあります。しょっちゅう「今日は何の日」をやっているうちに、自分が新しく知ったことに比べてすでに知っていたことは常識のような感覚になっていたのかもしれません。
大変申し訳ありません。
しかし、本当に一般常識になっていてほしいものです。

通常使っている検索エンジンで「シベリアデー」を検索すると、結果が1ページだけでしたが、そのうち上位2件が、9月4日の中之島証言集会に登壇される池田幸一さんのブログでした。
http://blog.livedoor.jp/kamakiriikeda/archives/65906544.html
昨年の日比谷証言集会第2部シンポジウムでパネリストを務めていただいた毎日新聞の栗原俊雄記者の記事が転載されており。
池田さん、今年も大阪から東京までいらっしゃっていたのですね。他にも登壇者の方が参加されていたでしょうか。

会場に行っていた保存の会メンバーからは、やはり昨年の日比谷証言集会に登壇された猪熊得郎さんが参加されている写真がメールで届きました。
割と毎年こういうかんじなので、自分たちとしては定着しているのは確かなのです。
この範囲を広げていくというのは、自分たちにとっても課題になっているのですよね。少しばかりは、体験者の方々の思いと活動を受け取ってつなげようとしているところといえるのかどうか。

まずは、体験者の方々が直接体験と思いを伝えられるように、若手が舞台を用意することを続けるところから。
オリンピックがリオデジャネイロから東京に引き継がれた今日この頃。
「あの戦場体験を語り継ぐ老若の集い」の舞台は、今年は東京から大阪へ。
4年に1度といわず、何かしらの舞台を、全国いろいろなところで用意していきたい。

一口に「シベリア抑留」といいますが、実際は中央アジアの辺りまで広い範囲に及びます。
連れ去られる前の戦場も様々です。
それぞれの方のお話に耳を傾け、そのときのことを、そしてこれからのことを、それぞれ自分で考えてみること。
来年の今日には、それがもっと全国的に、一般的になっていればいいと思います。
中之島証言集会チラシ表 中之島証言集会裏その2

第5回あの戦場体験を語り継ぐ老若の集い

【日時】
 2016年9月4日(日)午後1時開始(12時開場)  
【会場】
 中之島公会堂(大阪市中央公会堂) 大集会室
【入場無料】


第1部戦場体験証言集会
 13:00~14:40
 平均年齢91歳、15名ほど登壇予定。
 「語らずに死ねるか!」の元兵士・戦場体験者が体験を語る全国大会。
 ここでしか聞けない話がある。

◎池田幸一さん
 95歳、大阪府在住、第148師団歩兵第384連隊、満州、シベリア抑留
 1994年強制抑留の補償を求め訴訟、敗訴後も「シベリア特措法」の成立に尽力
◎大嶺初子さん
 82歳、沖縄県在住。国民学校生徒として沖縄戦を経験。
◎織田文雄さん
 97歳、兵庫県在住、第116師団衛生隊、中国
◎河野宏さん
 88歳、大阪府在住、満州で整備士学校に在籍、
 敗戦後八路軍(共産党軍)で働くが脱走し、朝鮮北部を経て1947年帰国
◎小林英子さん
 83歳、兵庫県在住、大阪空襲で膝を負傷し歩行困難に
 大阪空襲訴訟団原告、敗訴後も立法での救済を求めて活動を続けている
◎清瀬忠彦さん
 88歳、大阪府在住、予科練出身(甲飛13期)、第11偵察飛行隊で電信員
 同期の特攻隊を見送る
◎坂上多計二さん
 91歳、鹿児島県在住、第100師団独立歩兵第165大隊
 フィリピン・ミンダナオ島で飢餓を体験
◎阪口繁昭さん
 88歳、和歌山県在住、満蒙開拓青少年義勇隊員として第6国境守備隊に配置
 ソ連侵攻に伴い陣地で二等兵を命ぜられる、シベリア抑留
◎照屋林昇さん
 92歳、大阪府在住、第119師団歩兵第255連隊
 満州・ハイラルで敗戦、シベリア抑留
◎花岡四郎さん
 93歳、奈良県在住、野砲兵第10連隊
 フィリピン・ルソン島に従軍、バレテ峠の砲撃戦で負傷
◎藤田博さん
 90歳。兵庫県在住、独立歩兵第14旅団第243大隊。中国・山西省で八路軍との戦闘、敗戦後も残留。
◎藤原重人さん
 91歳、埼玉県在住、第27師団支那駐屯歩兵第3連隊
 中国中南部3000キロを行軍、現地の人や物資を徴発する
◎政岡希彦さん
 90歳、大阪府在住、満州で現地召集され1945年7月関東軍技術教育隊に入隊
 シベリア抑留
◎村上輝夫さん
 96歳、鳥取県在住、第17師団歩兵第53連隊、ニューブリテン島で捕虜に
 オーストラリア・カウラ収容所で日本兵捕虜脱走事件に遭遇
◎吉村章さん
 97歳、大阪府在住、独立歩兵第273大隊など
 1944年2度目の召集で沖縄に、頭と手足を負傷

司会
◎中島裕さん
 90歳、東京都在住、陸軍特別幹部候補生に志願、第39飛行場大隊
 満州、シベリア抑留

オープニング
◎瀬戸山定さん

第2部シンポジウム
あなたもできる!身近な戦場体験の聞き歩き
 15:00~16:30
 パネリスト
 ◆城戸久枝(きどひさえ)さん ・・・家庭での語り・聞き取り
   1976年生まれ。日中国交正常化前に帰国した中国残留孤児の父を取材した「あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅」で大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞。
   ご家族から聞くこと、他人に聞くことの比較などお話いただきます。
 ◆功刀弘之(くぬぎひろゆき)さん ・・・教育現場での語り・聞き取り   沖縄県立名護商工高校教頭。2014年まで沖縄県平和祈念資料館主査として「日系米国人版戦争体験収集事業」にあたる。現在、授業で戦争体験を聞き取るプロジェクトに取り組む。
   学校での取り組みや、資料館の役割などを話していただきます。  
 ◆太田翌花(おおたあすか)さん ・・・介護現場での語りと聞き取り
   「デイサービス長老大学」介護員 兼 生活相談員、1971年生まれ
   「デイサービス長老大学」(高知県本山町)は、「高齢者は“社会のお荷物”という価値観をひっくり返したい」と介護が必要な高齢者から知恵を授けてもらう「逆支援型」をコンセプトにしている。太田さんは設立当初からのメンバーで、入浴・排泄・食事介助などを行いながら利用者から自らの生い立ちや郷土の生活史について談話を聞き書き留める「聞き書き」活動を展開している。

   
【主催】戦場体験放映保存の会
  電話 03-3916-2664
  FAX 03-3916-2676
  e-Mail senjyou@notnet.jp